LIFE

ベン・スティラーが監督、主演の
アメリカのアドベンチャー?系の映画です

e0166040_14312475.jpg



LIFEとは
世界を見よう 危険に立ち向かう
それが人生の目的だから

をスローガンに掲げた写真雑誌
創刊から歴史もある。
だが、時代の流れといいますか
紙媒体ではなくデジタルのオンライン化に伴い、会社も買収されてしまう

ウォルターはネガ管理の部署で真面目に働くサラリーマン
オンライン化になれば当然仕事はなくなりリストラになる
事実、新しいボス、テッドの元次々とリストラが進む

LIFE誌を代表するカメラマン、ショーンはいち早くこの事を知っていて
紙媒体での最後の表紙にしてくれと
ネガフィルムを送ってくる。が、
しかし彼の指定した25番のネガだけが
同封されていない。
これまで16年間、真面目に勤務してきて
性格的にもネガフィルムの紛失などありえないウォルターは焦る。
新しいボスも最後の表紙を楽しみにしていて早く見せろと命令する。
そもそも同封されていないのだから探しようがない。

焦るウォルター

発行まで2週間
25番のネガフィルムのありかをショーンに確認せねばならない
しかし、ショーンは携帯電話を持たない自由に世界を旅する冒険写真家

困り果てたウォルターは、あらゆる手掛かりを探す。
想いを寄せる同僚シェリルの協力もあり、
ショーンの送ってきた他のネガフィルムからやっと手掛かりを見つける。
一途の望みを持ってアイスランドの港町へ旅立つウォルター…




ってのが前半のストーリー

後半は書きませんが、とにかくヒマラヤやアイスランドなどの風景の映像がキレイな映画です
日々の生活に疲れたら映像観るだけでもいい感じ

ベン・スティラーはコメディタッチな作品しか知らんかったけど、凄くいい俳優さんですね
監督の才能も素晴らしい
e0166040_14305681.jpg



ストーリーは何のどんでん返しもないシンプルなものですが、ラストの演出にハートフルな気持ちになります

冒険写真家のショーン役のショーン・ペン

デッドマンウォーキングあたりから渋ーい演技ですが、最近ではその渋さに顔がついて来た。年齢相応になったと言うべきか。
もうマドンナの元夫では終わらせねー
みたいな気骨な感じが好きな俳優さん
e0166040_14305742.jpg


この映画何度も見直してしまう中毒性のある映画ですww
画がキレイだし、あまり深く考えずに観れるから丁度いいです
かと言ってテーマとしては決して軽くない人生において、どう生きるべきか
なので引き込まれる部分も多い

旅立ったダメ男のウォルターが、道中出会う人々、出来事で
凄くたくましく、男らしく変化していく様は観ていてとても清々しい



大好きなとてもいい映画です
まだの人は是非

をなマタ
May the force be with you
003.gif
[PR]
by mochi-moon | 2015-10-31 14:03 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30