ストーブリーグ開幕!

毎年オフには選手の引退、移籍、年棒などで盛り上がる

今年もマエケンがメジャー挑戦したり、逆に和田などのように帰ってくる選手もいる
FA制度で以前より移籍することに違和感がなくなったのも事実。簡単になった

ロッテの今江など生え抜きの10年選手が、ポンと同じパ・リーグに移籍するなど10年前は考えられなかった
育ててもらった恩を忘れたのか! とかオールドファンが言いそうなセリフであるが
最近はあるんだなぁ。普通にww
では、なぜ主力選手がポンと移籍するのか

応えは簡単。。。FA宣言の会見でよく聞くが「他球団の評価も聞きたい」要するに ”お金” である
選手が自分の価値を高める権利。。。それがFA制度なのである。

サラリーマンにはピンとこないかもしれないが、商売人やフリーランスで仕事をしてる人にとっては
評価=お金 なのである。自分の仕事に対する対価である。

スポーツ選手の稼げる時間は短い。特に野球は、ある機関の調査によると選手寿命は平均で「8.5年」
大成した選手はまだ長いだろうが、圧倒的大多数は、クビ、引退、転職・・・

短い選手寿命のうちに稼げるだけ稼いでおこう!は当たり前なのだ

8.5年の選手寿命の平均年棒総額は「2億3276円」
もちろんホンの一握りのトップ選手が平均を上げているのは容易に想像がつく
8.5年でサラリーマンの生涯年収を稼ぐと思えば夢のある職業ではあるが、選手の大多数はこんなに稼げずに
他業種に商売替えをしなければならない。
しかもプロ野球選手といえば、子供のころから ”野球やってりゃスーパースター” とチヤホヤされた人たちの集まりだ。
簡単に一般社会に順応できる選手なんて多くはないだろう。
だからトラブルも多い。。。犯罪事も少なくない
大手一流企業に入るよりも狭き門を通過してプロの選手になったとしても、多くは若くして職を失うのだ

そう考えれば ”稼げるうちに” は当たり前になってくる。
当然ながら、高学年棒の出せる球団にはスター選手が集まるようになる

結果を出して、巨人、阪神、ソフトバンクあたりで現役を終えればOBとして安泰の可能性は高い
球団格差は無くなりつつあるのだろうが、毎年ストーブリーグでは、あーーまだあるんやなぁ と思う

西武の秋山選手がシーズン最多安打記録を作ってベストナインにも選ばれた。年棒は8800万UPの1億5000万。
同じ年の巨人、坂本選手が4000万UPの2億5000万。ベストナインどころか成績は昨年より悪いのに、だ
澤村選手も抑えで活躍したとはいえ、タイトルもないのにポンと一億円の大台。
金満ジャイアンツここにアリであるww

トリプルスリーどころか4冠王のヤクルト山田選手の年棒がちょっと気になっている
昨年棒は8000万円。この成績なら3倍2億4000万は余裕だろう。
実際、同じトリプルスリーのSB柳田選手は3倍の2億7000万は確実と言われている。

1回目の交渉では「残念です」とだけ語っていた山田選手。
ホントに残念ではあるがこの辺が球団格差。。。球団のフトコロ事情なのである
山田選手がジャイアンツなら2億は確実だろう 笑

本人もメジャー志向があるらしいんで、3年ぐらい我慢してポスティングで移籍ってのがお互いWINWINかな
とはいえ2年続けて200本安打できた選手なんてイチロー選手くらいなもの。
来年は活躍できるかわからない。。。山田選手は単年契約で早くメジャーへ挑戦したい意向があるようだ

前出の秋山選手が216本で更新するまでの最多安打記録は、阪神のマートン選手の214本だった
そのマートン選手も成績不振で今年でいなくなる。
調子ほどアテにならないモノはない。。。少しでも自分を高く売りたい! 


「他球団の評価を聞きたい」は当たり前の事なのだ・・・


[PR]
by mochi-moon | 2015-12-05 11:25 | 豚骨オヤジの独り言

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31