Che The Argentine / Guerrilla

監督 スティーブン・ソダーバーグ
主演 ベニチオ・デル・トロ
e0166040_11093940.jpg

革命家 チェ・ゲバラの半生を描いた大作

元々は4時間を越える大作ですが、上映時間の関係から
前半のキューバ革命を「28歳の革命」
後半のボリビア革命を「39歳別れの手紙」としてリリースしました

ゲバラの映画は、革命家になる前を描いた「モーターサイクルダイアリーズ」しか観た事が無く、半生は本でしか知らなかった

そんなアタクシにはど真ん中ストライクな内容で、なぜ革命?からゲバラの敗北、処刑までを淡々とリアルに描いています

この映画は、もう何と言ってもデル・トロ
e0166040_11094002.jpg
この撮影のためにデル・トロは20キロもウェイトを絞り、役作りをしたそうで

完全にゲバラです( ;´Д`)

デル・トロは幼少期プエルトリコでアメリカ式の教育を受けたため、ゲバラに対して良いイメージは無かったそうです。
アメリカからしたら平穏を脅かすテロリストですもんね。
そんなデル・トロは「007消されたライセンス」に出演した際、ロケ地のメキシコでゲバラの爪痕や、人々の声、書物などから彼の中のゲバラ像はアメリカの捏造だった事に気付き、いつか映画化したいと思ったらそうです。
実際、本作ではデル・トロは共同でプロデューサーも兼任しています

なんの脚色もないリアルなゲリラ戦を観ていると、やはり戦争には”血と痛み”が伴う事を再認識させられます
e0166040_11094063.jpg


我々日本人にとって戦争は遠い昔の話ですが、今でも中東やミャンマーなどでは領土争い、人種、宗教などが原因で紛争中です


弱い立場の農民達の抑圧された声を代弁し、軍事政権をゲリラ戦によって奪取する

キューバでは、カストロ議長とゲバラの先導により成し遂げられました


ソダーバーグ作品特集を締め括るのにふさわしい大作です

是非

んなマタ
May the force be with you003.gif


[PR]
by mochi-moon | 2015-12-20 10:45 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31