Dallas Buyers Club

監督 ジャン・マルク・バレ
主演 マシュー・マコノヒー
e0166040_19081292.jpg

テキサスカウボーイのロン(マシュー・マコノヒー)は電気工事作業中、怪我をして病院へ運ばれる
検察の段階で、血液に異常が見つかり、再検査の結果HIVに陽性反応が出る
余命30日と宣告されたロン
「俺は同性愛者のゲイじゃねえ!」と受け入れられぬロン
だが、自身でも調べて行くうち、異性間でも感染する事を知り絶望のロン

しかし死を受け入れられず、何か手はあると奮闘する
新薬AZTの存在を知ったロンは、主治医のイブにAZTを投薬してくれと頼むが、まだ試験段階だと断られる
その試験に協力していたレイヨン(ジャレット・レト)にも薬を分けて貰えず、メキシコ系の病院職員からメキシコの医者を紹介され、藁をも掴む思いで尋ねる
アメリカでは、承認されていないペプチドTなど、進行を止める薬がメキシコにはある。
自身の身体で証明したロンは、効きもしないAZTに苦しむ患者達を救い、同時にビジネスになると、密輸を始めた

密輸に成功したものの、HIV感染者はやはり同性愛者が多いので、彼らに販売するルートがない・・・
知り合いもおらず、相手にもされない

困ったロンは、病院で出会ったゲイのレイヨンを思い出す
e0166040_19081352.jpg



レイヨンをビジネスパートナーに誘い、ロンの薬物販売会社「ダラスバイヤーズクラブ」はスタートする

クチコミで広まり始めるロンの薬の効き目。。。
やがてダラスバイヤーズクラブはHIVの進行を弱めたい患者で溢れ返る

そんな状況を米国薬事法が放っておく筈もなく、法の力でダラスバイヤーズクラブを潰しにかかる
残り少ない命をかけて、ロンと法の闘いが始まる





この映画が素晴らしいのは、何と言っても実話って事です
ホントにドキュメンタリーのように何の膨らみもありません
だからこそ、心に響くのか

アカデミー賞も需要7部門ノミネート
受賞は主演男優賞マシュー・マコノヒー
助演男優賞 ジャレット・レト
メイク・ヘアスタイリング賞の三冠

主演の二人の演技はホント素晴らしく、称えるに値する
e0166040_19081345.jpg

マシューはHIV患者役で20キロの減量

過度なダイエットや、身体を変化させて役作りをし、アカデミー賞にアピールする事を、「ライジングブル」のデ・ニーロから「デ・ニーロアプローチ」と呼ぶらしいのですが、この作品の二人の演技はそんな憶測をフッ飛ばす程凄いです

ロンのゲイに対する考え方の変化、それに伴いロンが周りから認められて行く様は涙ナシには観られない

米の製薬会社主導の薬害問題などテーマは深い。けど、それに一人で立ち向かったカウボーイがいたってだけで感動



真実は小説よりも奇なり

昔の人はホント上手く言ったものです
これは是非観て頂きたい1本です!

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2016-01-13 18:27 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31