MUD

監督 ジェフ・ニコルズ
主演 マシュー・マコノヒー
e0166040_12584797.jpg

マシュー・マコノヒー繋がりでもう一本

彼が「ダラスバイヤーズクラブ」でオスカーを獲る直前の作品
監督は若手のジェフ・ニコルズ。調べてみると長編映画は3本目のようです
それで、コノ出来は凄い!

カンヌ映画祭でも高く評価され、パルムドールを最後まで争ったそうです。


ストーリーは、アーカンソーの川岸のボートハウスで暮らすエリス
両親を無くし、漁師の叔父さんと暮らすネックボーン二人の少年は、川の小さな無人島に氾濫で水かさが増し木の上に引っかかったボートを見つける
二人だけの秘密にして綺麗に整備しようと盛り上がる二人
だが、エリスはボート内の食べカスや足跡などから”先客”がいる事を悟る
足跡は砂浜へと続く。どんどん辿っていくうち自分らのボートへの近くまで。。。
フト見上げるとソコに不思議な男、マッドが立っていた

マッドは少年達の好奇な質問にも全て丁寧に答える。自分らを子供扱いの周りの大人とはどこか違って見えた
しかし、マッドは汚い風貌なのでネックボーンはイマイチ信用出来ずに「物乞い」呼ばわりするが、エリスは何処か謎めいたマッドに好奇心を抱く
e0166040_12584787.jpg


ほのかな友情を感じたエリスは、翌日マッドに食料を差し入れし、男の友情を深める

そんな中、母親と街に出たエリスは検問に遭遇、逃亡犯を捜しているんだと警察が見せてきた手配写真は、なんとマッドだった

島に戻りマッドを追求すると、自分も元々はこの辺の出身で、愛する幼馴染ジェニパー(リース・ウェザースプーン)の為に殺人を犯し、賞金稼ぎや警察に追われていると告白する
e0166040_12584757.jpg


幼馴染のジェニパーも街に戻って来ていて、モーテルで身を潜めている
e0166040_12584723.jpg


しかし、いつも監視されていた
マッドが殺した男の家族が、復讐の為にいつか彼女に接触してくるマッドを待っていた…



スタンドバイミーやランブルフィッシュ的な、少年達の大人に成りかける段階でのホロ苦い恋愛なども織り交ぜながらストーリーは進みます
エリスの両親の離婚での心理、親子関係の
描写は見事です。

なんとか協力してマッドを逃がしたい少年達。。追い込んでいく復讐者達

ハラハラな展開の中、ジェニパーの理解出来ない行動の訳、家庭の崩壊、男女間の暗黙の了解など、「大人にしかわからない事」を学び、成長していく


改めてマシュー・マコノヒーは演技が上手いですねぇ。。。
モーテルにジェニパーに別れを伝えに行くシーンの表情は彼のすごさが良く出てた
遠くからの別れですが、リースの表情もマタせつなさMAXで好演

ダラス…でオスカーを獲りますが、本作でもやっぱり存在感は凄い
身体を張ったアクションもこなす彼は、46歳なんでクリスチャン・ベールやダニエル・クレイグらと同世代ですね
いやホントいい役者さんです

オスカー女優(05年ウォークザライン、主演女優賞)のリース・ウェザースプーンも久しぶり
子役がアレよアレよとアカデミー賞を獲得して、しばらく低迷していました
でも、言うてもまだまだ30代ですからね。
これからも活躍でしょう

トータルで観てホントお見事な一本

コレは観とかなイカンやつです
んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2016-01-14 11:47 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30