Night On Earth

編集 | 削除

邦題 ナイト・オン・ザ・プラネット
監督 ジム・ジャームッシュ


91年公開の世界中で5つの同時刻に起こる短編オムニバス形式の作品です


まずはロスアンゼルス
タクシードライバーのコーキー(ウィノナ・ライダー)は口は悪いがキュートな女性キャブドライバー
空港からビバリーヒルズまで、と中年女性のヴィクトリア(ジーナ・ローランズ)を乗せる。
ヴィクトリアの電話の内容から彼女は映画のキャスティング責任者だと知る。
電話では、キャスティングが難航し、いい女優を探しているようだった。。。車内でのコーキーとのやり取りから、コーキーの素行は悪そうだけど、どこか憎めないチャーミングさにヴィクトリアは面白い提案を始める…


同時刻ニューヨークでは、ブルックリンに帰る黒人男性のヨーヨー。キャブを探すが、なかなか捕まらない。。。やっと一台捕まるが、運転手は東ドイツからの移民で、まだロクに英語すら喋れないヘルムート。AT車の運転も不慣れで、降りたい所でも降りれず、怒ったヨーヨーは「代われ!俺が運転する!」と交代するのだが…(u_u)

同時刻パリで、黒人の泥酔客に怒り、途中下車させてしまうコートジボワール人運転手。次の乗客は盲目の女性(ベアトリス・ダル)で、またもや横柄な態度で運転手をイラつかせる。しかし、その女性は盲目ゆえなのか、物事の本質をズバリ言い放ち、運転手は複雑な感情を感じ始める…

ローマでは無線機に向かって吠えまくる運転手のジーノ(ロベルト・ベニーニ)は司祭を乗客として迎える。ジーノはいい機会だと自らの半生を懺悔し始めるが、どれもくだらないシモネタまがいの話ばかり…司祭は心臓を患っており、聞きながら薬を飲もうとするが、ジーノの決して丁寧とは言い難い運転のおかげで薬を足元に落としてしまう…(≧∇≦)

最後は北欧フィンランドの首都ヘルシンキ。。。凍てつく街のミカ(マッティ・ベロンバー)のキャブに一本の無線が入る。現場に到着するとソコには泥酔した3人の労働者。中でも一人はかなり酔っている様子のアキ。車内でも寝込んでしまう。残った二人がミカに話し始めるたのは男がどうしてこんなに泥酔してしまったか。不幸な出来事があり酒に逃げた結果、泥酔してしまったのだと。しかし、ミカにしてみれば大した話ではないようだ。ミカはもっと不幸な状況にあるかのように…(u_u)


同時刻に進行しますが、最後にヒトツになり…的な話ではないですが、どの話も会話のセンス抜群のジャームッシュ節全開!

予備知識無しで観たので、もう一発目のロスの空港からジーナ・ローランズが乗ってきた時は腰抜かすほど驚きました!

彼女の代表作はやはりグロリア!

80年公開の偉大な名監督ジョン・カサベテスの不朽の名作中の名作。
99年にはシャロン・ストーン主演でリメイクもされました。。。こちらはもうどーしよーもない〇ンコ映画で
「アンタは氷のような微笑でおマタでも開いてなさいっ!」とおすぎの声が聞こえてきそうな作品でした。泣

カサヴェテス監督は奥様のジーナ・ローランズを
子供を守り、街を逃走しながら組織と一人戦うクールで、ちょっとファンキーな殺し屋グロリアに仕立てた
組織を裏切り、子供の為に一人戦う。
カンのいい方はこの時点でお気づきでしょう。そう。あの「レオン」の原型と言われています。
リュック・ベッソンはちっちぇー男なんでしょう。公には言いませんが、絶対にそうです‼️ パクってます 笑
だいたい巨匠カサヴェテスとベッソンじゃ器のデカさが違う。

ベッソンは、子供を守る!っていい話にイランこと恋愛の要素を足した。。。
ジャン・レノとナタリー・ポートマンの年齢が違い過ぎて、只の「ロリコン純愛映画」になってしまった…
最初に観たときに気づいて見直してもやっぱり同じ感想。。。大好きなナタリー・ポートマンと身体はったジャン・レノを不憫に思った。
ここまでくると、マチルダの設定はタクシー・ドライバーのジョディ・フォスターのパクりか!!・・・とまで


その点カサヴェテスは流石だ。
常識的に完全”母性”オンリーの設定。妙なやり取りも無く、ただただ感動的なラストに向かう。
グロリアほど優れた、美しく、感動的なラストシーンをアタクシはまだ観た経験がありません( ;´Д`)


そんな不朽の名作の大女優がイキナリ登場してきたらやっぱ驚きます♪(´ε` )

次のサプライズはパリの盲目の女性でした。

コチラはフランスを代表するジャン・ジャック・ベネックス監督の名作「ベティブルー」で一躍脚光を浴びたベアトリス・ダル
余りの違いに全くわかりませんでした 汗
凄い迫力の女優さんやなーと感じましたが、まさかベティとは( ;´Д`)

あとは、「ダウンバイロー」でジャームッシュワールド経験済みのイタリアンコメディアンのロベルト・ベニーニ

もうジャームッシュのセンスもテンポも慣れたものなのか安定の演技です

ニューヨークのヘルムートおじさんもいーい味出してました



ヘルシンキでは巨匠カウリスマキ作品にも出演経験のあるマッティ・ペロンパーがドライバー役でした。

流石は重厚な演技でしたが、この作品から4年後に心臓発作で他界されたそうです。享年44歳…残念です(u_u)





長編では長回しや、あまり観た事のない構図だったりするジャームッシュ作品ですが、本作は全てタクシーの中なので、セリフ回しや役者の演技だけで魅せなければなりません

もう、ソレらの完成度たるや。( ;´Д`)
唸るしかないです…

ジャームッシュ節全開の
流石はジャームッシュの一本です!

是非

んなマタ
May the force be with you003.gif


[PR]
by mochi-moon | 2016-01-17 20:39 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30