The Family Malavita

監督 リュック・ベッソン
製作総指揮 マーチン・スコセッシ
出演 ロバート・デ・ニーロ、トミー・リー・ジョーンズ、ミシェル・ファイファー
e0166040_11583195.jpg

デニーロとスコセッシなんで凄く観たかったけどベッソンなんで、避けてた一本(・_・;

どーもベッソン作品は触手が反応しません


ブルックリンをテリトリーにしていた元マフィアのボス、ジョバンニ・マンゾーニ(デニーロ)は証言台に立ち、ファミリーの悪事を暴露した見返りにFBIの証人保護を受けていた。ブレイクと名前を変え別人として新たな生活を始めるが、やはりマフィアはマフィア…(≧∇≦)
行く先々でトラブルばかり。。。その度に世界各国を転々とさせられる

そんなブレイク家族は、FBIの保護責任者ロバート(トミー・リー・ジョーンズ)
e0166040_11583182.jpg

らと共に今回は南仏ノルマンディにやってきた

まず妻のマギー(ミシェル・ファイファー)が一発やらかす♪(´ε` )
マギーはアメリカ系イタリア人で、フランス人の上から目線や、アメリカの食文化をバカにする態度にキレてしまう
スーパーで買い物中に「ピーナッツバター?そんなモノはフランスには売ってない。コレだからアメリカ系は…」

販売しているガスボンベに火を放ち、スーパーを爆破してしまう
e0166040_11583256.jpg

娘は尻軽のヤンキー娘とからかわれ、テニスラケットで同級生をタコ殴り
e0166040_11583297.jpg

弟は、大人しいフリをしながら校内で商売、脅し、パスポート偽造…のヤリたい放題

父親のブレイクも「家の水道水が茶色い!」と配管屋を呼ぶが、態度に激昂しボコボコに…(≧∇≦)
市長にまで会いに行き、茶色水の原因が肥料工場にあると聞きつけると、肥料工場のタンクを爆破 笑

めちゃくちゃな一家です( ;´Д`)

そんなブレイク一に裏切られ、投獄されているファミリーのボス、ドン・ルッケーは当たり前に怒り、ブレイク一家を探して武装集団を差し向けようとしていた。

息子の学生新聞の投稿から南仏がバレて、武装集団はブレイク一家皆殺しの為にやってくる



ベッソンらしいハズした演出もありますが、ソコはスコセッシにより軽減されています 笑
ブレイクが作家と名乗ったモンだから、地域の映画評論会に呼ばれ、古いアメリカ映画を評論してくれと依頼され、FBIのロバートが心配で動向するシーンは笑えます。
古いアメリカの映画が手違いで比較的新しいモノが送られて来てしまい、主催者が謝罪し、仕切り直しです。
それではお送りしましょう!「グッド・フェローズ」♪(´ε` )
スコセッシとデニーロの名作を元マフィアのボスが評論する訳ですww
洒落が効いとります( ̄▽ ̄)

ストーリも単純でわかりやすく娯楽としては十分な一本


ベッソンにしては珍しく良作でした

んなマタ
May the force be with you003.gif



[PR]
by mochi-moon | 2016-02-01 11:14 | 映画 | Comments(0)

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31