Transporter3

監督 オリヴィエ・メガトン
脚本 リュック・ベッソン
出演 ジェイソン・ステンサム
e0166040_14322612.jpg


えージェイソン・ステンサムの大ヒットシリーズの3作目です!

えー「Transporter3」がシリーズで1番面白かったーーー!って感想な方はココから先は読まない方がいいですm(__)m
アタクシは激しく憤っていますので、不快に感じる部分があるかもしれません 笑


最初に正直に言わせて頂きますと…
「Transporter」のシリーズは大好きだったんですが、これを最後に卒業いたします( ;´Д`)
最近リブートやら騒いでおりますが、ホントにもうベッソン氏のアホさには呆れ果てました(≧∇≦)

まず本作では監督が代わりました
フランス人のオリヴィエ・メガトン氏
元はストリート・アーティストらしく初の映画制作はベッソン氏の手引きです。
しかもこの人の監督作は9割ベッソン脚本ですから、言ってみればもうベッソンの子飼いです。。。ベッソンの提案に全てイエスで反対する理由も、裁量もないと予想します。言うなればベッソン節全開のドッチらけ映画になる訳です( ;´Д`)
リーアムニーソンの「96時間」シリーズも2作目からベッソン脚本で彼が撮っていますが、コチラも見事なブチ壊しっぷりでした。最初の「96時間」がやたらと面白く感じます
当然な流れで「Transporter」シリーズもあっぱれと称賛したくなる程に見事なクラッシャーぶり全開です


しかし、ま、いちおうストーリーなど…

フランクはある組織に仕事を依頼されるが、フランクのルールにそぐわない客とみなし断ってしまう。代わりに運び屋仲間を紹介したが、失敗し、フランクの助けを求めて来る。
彼と”乗客の女”(ヴァレンティーナ)には車両から20フィート離れると爆発するブレスレットが取り付けられていた。ヴァレンティーナから事情を聞いていたフランクは不意を突かれ拉致され、そのブレスレットを取り付けられ、ミッションのやり直しを強要される。

フランクに仕事を強要してきたのは、廃棄物処理業者エココープ社の雇った武装集団。環境大臣の娘ヴァレンティーナを誘拐して、ウクライナに大量の廃棄物を受け入れるように脅迫するのが目的だった
誘拐した娘を環境保護サミットの行なわれるオデッサまで運ぶのがフランクのミッションだった…




ストーリーを書きながらでもハラが立つくらいにバカみたいな設定が多いんです…
ルイ・レテリエ監督の時にはリアリティは感じませんでしたが、そこまで違和感のある設定では無かった

フランクのアゥディが追跡を逃れようと湖に突っ込むシーンがあります
ま、当然車は沈みますわね…ブクブクブク
フランクは車を浮上させようと、トランク内の巨大なバッグを2つ取り出し、タイヤの空気でバッグを膨らまし、浮力でアゥディを浮かび上がらせます。
はぁ?タイヤってそんな空気の量が入ってるか?と突っ込みたくなるんですが、ま、ココは我慢しましょう。。。
浮かび上がったアゥディは地元のおっちゃんのトラクターで引き上げられ、急行してきたサルコーニ警部と合流し、武装集団の移動先がわかり、警部の制止も聞かず、娘を救出に走り出すフランクのアゥディ!

普通はね、正義感全開でカッコいいねぇ!!いけーーフランク!ってなる場面なんですがね…


空気はよ…ヲイヲイ!さっきタイヤの空気抜いたやろーが!って激しく思ってしまうんです( ;´Д`)

さらに突っ込みたくなるのは、フランクがタイヤの空気をバッグに入れる時の湖内の不自然な照明の明るさ…
上から見た湖は全く透明感のない、眞緑に濁った湖でした。
着水してからカナリの時間経過ですから、カナリ沈んでるはずです。
全く視界の取れない真っ暗な世界のはずなんですが、煌々と明るい(・_・;



もう極めつけが、またまたヒロインがナタリア・ルダコーワってモデルですよ。。。
e0166040_14322696.jpg

コレまた本作が初主演
ココまでくると、ベッソンってカナリの確率で”枕を強要”してると疑いたくなります。只のエロオヤジやん( ;´Д`)まー私生活でも3回離婚してますからねぇ…ソッチの方はカナリの猛者かも知れません♪(´ε` )

しかも、このシロートのお姉ちゃんがドラッグでトンではしゃぎ周り、シリアスであるはハズのカーチェイスを全く退屈な時間に変えてくれます。トイレに行こうとしてハシャいだり、ウォッカをあおって酔ってみたり、クダラん描写の長いコト長いコト(≧∇≦)ベッソンのウザウザ演出の総合ショッピングセンターです( ;´Д`)

その矛先はフランクにも向けられ、最終的には、このドラッグ漬けのブッ飛びロシアン娘と恋仲にさせられます。ひと夜のアバンチュールでは無く恋仲です…( ;´Д`)
アバンチュールは今までも一作目の中国娘ライとの間にもありましたが、恋仲にはなっていません。
「Transporter」は”愛だの恋だの”が無く、クールにルールを頑なに遵守するフランクがカッコいいのに、全く全開でブチ壊してくれますね。ホント…( ;´Д`)

王様の耳はロバの耳 状態のベッソン様々でしょう
ソレが原因なのかわかりませんが、ジェイソン・ステンサムは本作を最後に降板し、TVドラマシリーズや、映画の新シリーズを新しい俳優でリブートという形で製作するそうです。
誰が観るかっつのψ(`∇´)ψ

ここまでくると何かしらの懺悔を求めたくなります 笑

ここまでおとなしく読んでくれた方々。。。怒り心頭なレビューで申し訳ないですが、アタクシの「Transporter」への愛の裏返しとお許し下さい



んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2016-02-03 13:15 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30