Skyfall

監督 サム・メンデス
脚本 ジョン・ローガン
出演 ダニエル・クレイグ
e0166040_16483724.jpg

シリーズ23作目にして最高傑作との呼び声もあるダニエル・クレイグの3作目

確かにシリーズ中ではカナリの重要な作品となっています
アカデミー賞とは無縁wwのシリーズにありながら本作は音響編集賞、歌曲賞(アデル)2つもオスカーをゲットしました
e0166040_16483705.jpg

先にストーリーからサクっとイキます

MI6の潜入捜査官の潜入先や個人情報などのトップシークレットなリストが盗まれ、ボンドは新人エージェントのイブ(ナオミ・ハリス)と実行犯のフランス人傭兵を追っていた
壮絶な追跡により列車の上に逃げる傭兵
ボンドも追って、電車の上では揉み合いの格闘になるボンドと傭兵

新人イブはMとなやり取りから追跡を続け、列車が通過する橋に先回りして傭兵をスナイプするように命じられる
e0166040_16483720.jpg

橋に迫る電車
「自信がありません、距離が…」イブの言葉にMのゲキが飛ぶ「ガタガタ言わんと撃ちなさい!」
仕方なく腹を決め引き金を引くイブ

しかし、無情にも弾はボンドに命中
下を流れる川に真っ逆さまで転落するボンド…(・_・;


犯人を取り逃がし、潜入捜査の情報漏洩の責任を問われるM
e0166040_16483806.jpg

情報国防委員長のマロリー(レイフ・ファインズ)に事実上の更迭勧告を受けるも拒否するMだったが、今度はMのPCがハックされ奇妙な犯行声明が流れ、MI6で爆破事件が起こる

瀕死の重傷を負ったが、下流の住民に助けられ休養していたボンドは事件を知りMの元へと戻る
ボンドはマロリーから復帰試験を受けさせられる。しかし結果は散々
しかしMは検索結果を捏造し、マロリーの制止も聞き入れずボンドを現場復帰させる

ボンドは自身に残されたフランス人傭兵が使用した弾丸から彼を割り出し追跡を開始しようとしていた
Mからの指令で装備の携帯を許されたボンドは兵器供給部長Qから幾つかの特殊装備を受け取る
e0166040_16483855.jpg


フランス人傭兵を追って上海にやってきた
彼を倒す事に成功するが、すでにディスクは雇い主に渡っていた
雇い主の情報を得たボンドはマカオのカジノに潜入
そこで謎の女セヴリンと出会い、雇い主を殺してくれるなら手伝うとの申し出に乗る
セヴリンの船で雇い主のアジトに潜入しようとするが、先回りされ二人は捉えられる

島に着き雇い主のシルヴァ(ハビエル・バルデム)
e0166040_16552791.jpg


と面会するボンド
シルヴァの口からは驚くべき事柄が次々と出てくる
元MI6エージェントで中国への潜入作戦時に捉えられ監禁されていたが、Mは何もせず見殺しにした事
脱出した後、島に拠点を構えるサイバーテロ組織を作り上げた事
しかし、ゲームの最中スキを見てシルヴァを確保したボンド
Qからの装備品のGPSで救助に来たヘリにシルヴァ乗せ、MI6に連行する

シルヴァはMと対面し、捕虜になった話やその時に自殺しようとして口腔内爆弾が暴発し「こんな顔にしたのは誰だ」
e0166040_16483888.jpg

と義歯まで外して見せるが、Mは対して同情する様子もなく情報漏洩の公聴会へ行ってしまう
ボンドとQはシルヴァのPCを解析しようとするが、逆に進入され、檻を開けられシルヴァを取り逃がしてしまう。シルヴァは脱出出来る事を確信し、Mに会う為にわざとボンドに捕らえられたのだ。
公聴会へと向かうMが危ない
察知したボンドは公聴会での銃撃戦をなんとかかわし、Mと共に逃走する

向かう先は自身が幼少期に凄し最も地の利を生かせる場所。。。ボンド家創生の地スカイフォール
e0166040_16483982.jpg


シルヴァの執拗なMへの復讐はまだまだ続くだろう
Mを守り抜く為、ボンドとスカイフォール管理人キンケイド老人と戦う準備を始める




凄く良く出来た脚本で、2時間オーバーの上映時間を全く苦にしない

スカイフォールの老管理人役に、最初なんとショーン・コネリーをオファーしようとしたとか。。。♪(´ε` )
でも、ボンド役以外での出演は今までのコネリーのボンドのイメージを壊すとして却下になったそうです
ちょっと観てみたかったカモ。。。( ;´Д`)

悪役シルヴァには「ノーカントリー」で猟奇殺人鬼シガーを演じオスカーに輝いたハビエル・バルデム。。。ペネロペ・クルスの旦那さん
流石のワルっぷりです。
007シリーズは悪役が素晴らしい程、名作扱いが多いのも納得ですね


本作からダニエルシリーズとしては初めてQとマニーペニーが登場します

Qは…若っ!くらいの驚きでしたが

マニーペニーは驚きのレベルが違いました!
彼女のイメージはヤハリ最長で勤めたロイス・マクスウェル
彼女の引退作では特別に着飾ってお出かけするシーンが加えられるなど、製作側、視聴側にとても愛された名キャラクター
e0166040_17050788.jpg


そのマニーペニーがですよ…

なんと元現場のエージェントにして狙撃の名手

しかも人種までチェンジ…( ;´Д`)
e0166040_16483945.jpg

驚くと共に相当なショックでした

マニーペニーはロイス以外もみな金髪で、デスクワークの似合うボンドにとっては癒しの存在
何処か寅さんのサクラのように
「お兄ちゃん戻ったわねー。元気だった?」的なホンワカなムードがいいアクセントだった

のに…
バッキバキのアクション上等…( ;´Д`)

まー見慣れてくればそう見えるんだろーけど。。。実際、次作「SPECTER」ではアクション全くなく、ボンドの情報収集アシストに徹していておしとやかに見えました

ダニエルシリーズの次は黒人のイドリス・エルバって声もあるとか…
でも、ダミアン・ルイスで内定とかネットでは言われてますね

ダニエルシリーズはパルクールを取り入れスタイリッシュな方向に振れたんで、次はどーゆー方向か楽しみです
間違ってもムーアボンドにだけは戻って欲しくない。。。ソレを祈るのみ
最近のスピード感を求められるヒット作を考えるとソレはないと思うけどねwww




007シリーズでも評価の高い本作

まだの方は是非
May the force be with you002.gif


[PR]
by mochi-moon | 2016-03-02 15:33 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30