2017年 09月 07日 ( 3 )

Martina Hingis

今回のUSオープンはヒンギスに会うための参戦ですが

その前に

まずはやっぱりアタクシのヒンギス愛を語らねばならんですよねww

現在彼女は36歳
華々しくデビューした14歳から数えるとプロ生活22年
その間引退という形でお休みしていた期間があるが
そんな事は彼女の素晴らしすぎる経歴には全く関係ない

チェコスロバキア生まれで
彼女のMartinaの名は
チェコのテニス代表選手だったお母さんが
当時チェコ出身でアメリカに亡命したスーパースター
Martina Navratilova
e0166040_11300619.jpg
ナブラチロワにあやかって命名したそう

この時点で、もはやエリートww

まぁ自然に英才教育なんでしょうねぇ

そんな英才教育の成果が現れるのが
ヒンギス12歳からのキャリア

全仏オープンのジュニアの女子シングルス
13歳で全仏、ウィンブルドンのジュニア女子シングルスで優勝
14歳でプロデビュー

14歳って中2?
日本で普通は中体連の新人戦の頃

やっと先輩が抜けてくれてコートが自由に使えるし、1年生意気やけんチョットシメときますかーーくらいの年齢ww

そんな同級生を横目に16歳の年末ランキングは世界4位まで駆け上がる

そんな彼女を世界的にスターにしたのが16歳3カ月で迎えた1月の全豪オープン

アタクシもこれから彼女の存在を知りました
スルスルするーっと決勝まで勝ち上がり

いざ決勝の相手は前々回の全豪オープンチャンピオン、マリー・ピアース

ジュニアで鳴り物入りでプロデビューしてもまだまだ日本では無名だったヒンギス

決勝のスコアは6-2.6-2の一方的なスコアでの爆勝ちw

この子誰?
ってほとんどの放送を観てる人の度肝を抜いただろう

その年(1977)のグランドスラム全ての女子シングルスファイルまで勝ち上がり
負けたのは全仏オープンのみ
てコトは3つのグランドスラムを16歳で獲るってことです・・・
当然16歳にして世界ランク1位

当時の上位ランキングは
モニカ・セレス
アンケ・フーバー
コンチタ・マルチネス
ヤナ・ノボトナ
伊達公子
そして絶対女王 シュテフィ・グラフ

普通のポっと出の16歳が勝ち上がれる程甘いメンバーではない

そもそも同級生はまだジュニアの試合だからねww

プレースタイルは若者にありがちなキレと勢いで格上をなぎ倒すのとはチト違う
そこが彼女のシブいトコロ

ボールコントロールで先に相手を振り回し、オープンコートを作り無人のポイントにボールを流し込む
時にはロブ、ドロップショットを放ち
格上の先輩達を翻弄する
パワーでは無くボールマネジメントと卓越したテクニックでスーパーショットを連発するスタイル


ビジュアルの良さも手伝って
その辺のテニス男子は一気にヒンギスにメロメロだった

先輩達のビジュアルがけっこう残念だったのもありww
ヒンギス人気は急上昇した

ちなみにアタクシもヒンギスのビジュアルから好きになった 笑

なんせナタリー・ポートマンに似てるからね
e0166040_09414569.png
あんま詳しくない人は
並べられると
わからん人もおるかも

当時30歳くらいだったがヒンギス熱に犯されてしまったww
彼女の試合は地上波はモチロン
出始めの衛生放送も録画して観まくった

ラケットもヒンギスモデルに替えたw
偶然にもアタクシも学生時代からずーっとヨネックスの愛用者
ヒンギスもジュニアの頃からヨネックス

以来一度引退するまでヒンギスモデルを使った

彼女のもうひとつの魅力はやはり卓越したスーパーテクニック

ボールのタッチがソフトでコントロール能力は世界最高峰だろう
そのテクニックは現在でも健在で
ダブルス専門になった36歳の現在も常にトップ10を維持し続けている

コレもヒンギスの最大の魅力ではないかと思うのだが
試合中によく笑う
とにかくよく笑う
いつもニコニコしている
e0166040_09584705.png
試合中もいつもこんな感じでニコニコしてる

グランドスラムの決勝とか普通の10代の選手が出場した場合は緊張してガチガチで笑顔など出ないと思う

もちろんヒンギスも緊張はするのだろうが、彼女の場合はその場の雰囲気とか
場面を心から楽しんでるように思える

そして笑いながら
先輩達を右に左に振り回すww

人をくったようなプレーに感じる人もいるかもしれない
今では市民権があるドロップショットはヒンギス以前はセコいショットとして
あまり褒められなかった
ロブも逃げてるようで特にアメリカではウケが悪かった

ヒンギスのプレーはそれらを組み合わせ徹底的にオープンコートを作る

トリッキーなプレーも多い
アタクシはカナリの数のプロの試合を観てきたが、アンダーサーブ(下から打つサーブ)を観たのは彼女とマイケル・チャンだけだ

しかもチャンの場合は走り過ぎて足がつり、時間切れギリギリで仕方なく下から打っただけだ

それにレンドルが過剰に動揺して試合を落として有名になった
全仏オープンでマイケル・チャン17歳だった

しかしヒンギスは違う

笑いながらアンダーサーブを打つww

会場全体を的に回してしまった全仏オープンでの対グラフとの決勝

憎いまでにも強くなり過ぎたヒンギスと
かつての沈黙の女王グラフ
新旧女王対決だった

そんな憎いまでにも強い女王ヒンギスに終焉が待ち受ける

余りにも早く女王になったせいか
ヒンギスはテニスへの情熱を失ってゆく
燃え尽き症候群っちゅーヤツやね

丁度ビーナス姉妹やリンゼイ・ダペンポートらのアメリカンパワーテニスが台頭してきた頃

ヒンギスは丁寧にコースをついてポイントを重ねるのに対し
彼女らはとにかくラケットに当たるものは全てと言っていい程ボールを叩く
信じられない程の男子並みのパワーで

モチベーションの低下も手伝って次第にヒンギスの成績は下がっていく

ついに2003年、新聞を通じて引退を発表
しばらくは競技から離れ
子供に教えるイベントなどに参加していた

3年の充電期間を経て復活
復活2試合目の全豪オープン
シングルスQF進出
ミックスダブルスはなんと優勝
充分に高水準で戦える事を証明してみせたが、2007年のウィンブルドンでの薬物検査でコカインの陽性反応が出てしまう

ヒンギスは使用を否定したが、協会は彼女に2年間の出場停止、賞金1400円の没収すると発表
情熱の再喪失を理由に二度目の引退表明

しかし彼女にまたしても転機が訪れる

2013年国際テニス殿堂入りを果たす

その年の8月ハンチェコバとのペアでダブルスに現役復帰すると発表

それから
リシキ、ペンネッタとペアを変えながらも徐々に成績を上げていく
そしてインドのミルザとのペアでは驚異の40連勝
現在は解消しているが見事なコンビネーションだった
e0166040_11185104.png

パワーのミルザに技のヒンギス

どんな世界でも若い頃から活躍する人は
スキャンダラスな人が多いが
まさにヒンギスもそんなひとり

でも、昨日実際に彼女の試合を見て感じたが
彼女は本当に人々に愛されたプレーヤーだ

昨日のスタジアムは少し小さめだったが彼女の試合は入場制限が出る程の人気だった
その前の男子世界ランク1位のペアが出ても観客席には空席が目立った

それほどまでに彼女が愛される原因は何かと帰りのバスの中で考えた

グランドスラムのタイトルをシングルス、ダブルス合わせて22回も持っているトテつもない成績を残しているからか

パワーテニスとゆう強大な一大勢力に
たったひとりで立ち向かった技巧派の歴史があるからか

弱者が強者に立ち向かう図式が人の心を打つのではかいか

人々はヒンギスの笑顔を絶やさない優雅なプレーに、失われてしまった過去の女子テニスの優雅さや気品を感じるからではないのか




いろいろな事を考えたが

はっきりとはわからない

しかし彼女
マルチナ・ヒンギスがテニス史に残る偉大なスーパースターであることに変わりはない


やっぱり俺は
Martina Hingisが大好きだ
e0166040_11331340.png



んなマタ
May the force be with you

[PR]
by mochi-moon | 2017-09-07 08:53 | ワタシがオタクですが何か?

Flushigmeadows vol2

まだ誰もおらんのに一人で並んですげーヤル気やコイツと思われるのもイヤなんでその辺を散歩w

よく見るとこの会場は周りが公園になっており
カナリデカい

中央にはこんな巨大なオブジェ
e0166040_06010596.jpg
デススターかて

今までずいぶんいろんなトコでオブジェとかモニュメント的なヤツは見て来たが
ダントツで1番デカい

緑と朝の澄んだ空気が気持ちよい

そーこーしてる間に9時


ナショナルテニスセンターには持ち込み制限が多い
バックの大きさも決められている
e0166040_05041393.png
そんな問題は事前のリサーチで完璧さ!
モニカ・セレスの事件があってからだと思う
知らん方はコチラ

何やらセキュリティチェックの係員が忙しくし始めた
おや?
開けるか?

開ける‼️

先頭でセキュリティチェックをパス

しかしメインゲートは閉じたまま

何だかお偉いさんの空気感の凄いスタッフのおばちゃんに
『今からココにスペシャルゲストが来るから楽しみにしてな‼️』
的なコトを言われたが
スペシャルゲストの割にはあまりにショボいステージ…

5分ほど待ってるとゲートの向こうに一台のゴルフ用みたいなカートが

金髪の偉い美人が乗ってる

一瞬
シャラポワか?
と思ったが

ドーピングの件以来彼女のイメージはきっと良くない
特にアメリカはそーゆーの厳しいから

誰やろかーと見とれていると
ゲートから一人のオッさんがステージに


ん?
待て待て

誰やったかこのオッさん

んー

司会者らしき人がアナウンスを始めた

ladies and gentlemen. Sorry I made you wait. We will introduce former US Open champion Mats Wilander‼️

は?
エーーーーーーーーっ

ヴィランデル?
マーーージかい

ってマジで本人やん

その距離わずが2mにあのヴィランデルが‼️
e0166040_05193430.png
グランドスラム全てのサーフェス(コートの種類)を制したたった6人のうちの一人
ボルグ、エドバーグと共にスェーデンの英雄


伝説すぎて何がなんかワケわからん
いきなり現れたテニス界のレジェンド
放心状態とはマサニこの事だろう
e0166040_06034203.jpg


買ったんだよ
ヴィランデルが使ってた
ロシニョール
F200カーボン
e0166040_06083441.png

使ってたヤツも結構いた

でもみんな折ってた 笑

打感が柔らかく弾きも良かったが
カーボンの折のせいか、衝撃に弱かった

高校生には高い買い物だったので
みんな異次元の素敵な打感とコントロール性能を泣く泣く放棄していた

そりゃ木のラケットからまだそんな経ってない時代だからカーボンも完成度が低かった

そんな中衝撃に強くコントロール抜群の新製品がウィルソンから
ウィルソンウルトラ
e0166040_06085204.png
たしか当時9万くらいしたと思う

んなモン高校生に使えるハズがねーよ!
ってみんなブーブー言ってたなぁww


あハナシそれたけど

とにかくレジェンドが目の前に現れた

いやー
こりゃ夢だな

夢のようなトークタイムも終わり
いよいよゲートオープン‼️
Eチケットを読み込む
e0166040_07401522.png
するとペーパーのチケットがその場でプリントアウトされる
e0166040_07411336.png
先頭でゲートイン‼️

案内のコンシェルジュ達が満面の笑みで声をかけてくる
『Welcome to USOPEN‼️』

至るところにかつてのチャンピオン達のフラッグが
e0166040_06092212.jpg
グッズを販売するブース

スポンサーのボード
e0166040_06100380.jpg
アディダス
ウィルソン
スポンサーのショップ

ベンツのカフェ併設ショップではデモカーも
e0166040_06102949.jpg

一目散にまずはアーサーアッシュ

入場ゲートで
『試合まで1時間半あるで。入って何すんの?』みたいな顔されながら
スタッフ以外ほぼ無人のスタジアムへ

どーーーーーーん‼️
e0166040_06110797.jpg
デカい‼️

圧巻のスケール

日本の最高峰
有明テニスの森の10倍くらいのスケール

すり鉢状の観客席は1番上から見ると
真下で試合してるような感覚

高所恐怖症の人は長時間の観戦は無理だと思うww

やっぱりグランドスラムの会場
しかもメインスタジアムはやっぱり凄い

世界的なイベントだから当たり前か

とりあえず無人のコートを撮影したかったので
ヒンギスの試合のあるアームストロングスタジアムへ急がねば

と階段を早足で降りてると
テレビの中継ブースが見えた

踊り場で何やらインタビュー
邪魔にならんようにそーっと降りながら
チラ見する
e0166040_06114964.jpg
ん?

あれ?

マサカ…

クーリエ‼️


な・なんとジム・クーリエ!

またレジェンド‼️
サンプラス、アガシ、マイケル・チャンなどと同じころの強いアメリカの象徴だった

グリっグリのトップスピンのグランドストローク中心のプレーが大好きだった

特に軟式上がりの厚いグリップでしか打てない高校生の心の支えだった 笑

全仏でライバルのアガシを破って優勝した時のプレーは今も強烈に覚えてる

デビスカップアメリカ監督
国際テニス連盟殿堂入りのレジェンドがまた目の前に

やっぱり今日は夢だな…

続く


[PR]
by mochi-moon | 2017-09-07 04:55 | 自由の国アメリカ

Flushig meadows vol1

アタクシのような古い人間はみな
Flushigmeadowsと言う人が多いと思います

現在のナショナルテニスセンター

テニス少年の聖地

全米オープンテニスが自分の滞在中に開催されてたら…


そりゃ行くさね(*´-`)

えーえー無理してでも行きやすぜ

ガキの頃からテレビ放送は毎年観てた

コレでもテニス少年だったんでねww


渡米が決まってから、ちょーど期間中やなーとボンヤリと思ってて

錦織圭もセリーナもシャラポワもいねーのか

んじゃパスするかー
と思っとりましたが

やっぱり速報とか見てるとウズウズして来てしまいます

決定的に観戦を決めたのはある"レジェンド"が勝ち上がってくれたおかげ

後でイヤっちゅー程書きますがねww

そんな感じで決めた今回のトリップはとりあえずチケットのチェックから

コチラのチケットマスターってサイトを利用しました
シンプルで分かり易く
支払いもクレカでOKです
コチラのサイトには米外のクレカを使えないサイトもあるので便利です

チェックすると
調べた日曜日の翌日はレイバーディとゆー勤労感謝の日みたいな休日でチケットはホボない

次の日火曜日はわりとある
しかもこの日からQF
1番オモロい感じの時期

Flushigmeadowsのナショナルテニスセンターには大きく分けて3つのスタジアムがあり、1番大きいアーサーアッシュスタジアムの観戦チケットを持っていればどのスタジアムにも入れる

火曜日のドローを見るとメインスタジアムのアーサーアッシュはあまり興味をそそらない
PM7時からのナイトゲームでビーナス・ウィリアムズが出るけどスケジュールが合わん
ナダルもフェデラーも練習日

んー辞めるか
と閉じようとした瞬間

ミックスダブルスQFに見慣れた伝説の名前が

MartinaHingis

マルチナ・ヒンギス
e0166040_06260907.png

え?
ウソ‼️
マジか‼️ あのヒンギス‼️

90年代に16歳でグランドスラム(全豪)で優勝した後は天才少女の名を欲しいままにし
あの伊達公子に『こんな子が出てきたらアタシの時代は終わり』と早々に引退を決意させたあのヒンギス‼️
一度は引退するも復帰し、今や押しも押されぬダブルスのスペシャリスト‼️
あのヒンギスが生で観れる!

あまりのスーパースターの名前にとまどったが
ヒンギスは今現在も世界ランクトップ10にランクインしている
しかも会場は小さめのアームストロングスタジアム

朝イチで自由席の1番いいトコ抑えりゃ目の前でヒンギスのプレーを拝める?

ふぁ!
マジか‼️

こりゃ行くしかねぇ

ヒンギスももう年齢的にも長くはプレーしないだろう

こんなチャンスはおそらくもう来ない

コレはヒンギスに会わな一生後悔する‼️

もう直感ですな

速攻ポチり…(*´-`)

お買い上げありがとうございます・・・




てコトでFlushigmeadowsに朝イチに着くには?
9時半のゲートオープンとともにダッシュでアームストロングスタジアムの1番いい席をゲットするには?

もう調べまくりです(≧∀≦)

ボストン〜ニューヨークのあらゆる交通手段から到着の時間、乗り換えの少なさから考える

先日のニューヨーク行きはアムトラックって電車を利用した

早くで便利だが丁度よく朝の7時くらいに着く便がない
朝イチの飛行機も考えたが、急な予定なコトもありチケットも高い…(*´-`)

悩んだ挙句チョイスしたのは夜行バス

夜行っつっても4時間くらいの運行時間なんで深夜便だね

ボストンを深夜2時
ニューヨークに朝の6
コレがベストやろ

と思いバス会社のサイトを猛チェック

あちゃーー(≧∀≦)
休日の夜はボストン〜ニューヨークは混むんやった…(*´-`)

何処の会社のチケットもSoldout

最後にあまり評判のヨロシクない中華系バス会社をチェック



あるぜ…


2枚だけ

おーし‼️と速攻ポチり支払いをクレカで!と思いキヤ

海外のクレカは使えません
の表示…

アルアルやな(≧∀≦)


しかし、どー考えてもこのチケットをゲットするのが1番いい

こーなりゃ何でも使うのが鉄則

コチラのパートナーの奥様のお母さんが運良くバス会社の近くのチャイナタウンで買い物をしてるらしい

行って買ってきてーーー‼️

魂の叫びが通じたのか

行ってくれたww

ラスト一枚だったらしい
ギリギリにてせーーーフ(*´ω`*)

前評判の悪さも各国でチャイニーズ相手に仕事してたんで別に慣れたもの

ウルサいのは当たり前
楽勝ですわ

ワガママな言動は黒人女性のがヒドい
こっちに来てわかったww


オンボろバスに揺られ
ニューヨークのダウンタウンにあるチャイナタウンに朝6時前に到着
いらんコトバリバリ飛ばしやがって予定より30分前に到着
流石に5時台のニューヨークの地下鉄には乗る気にはなれん。

こえーーし(≧∀≦)

仕方なくマンハッタンまで40分くらいかけて歩くかと

SOHOを抜け
e0166040_06523354.png
朝焼けのマンハッタン
e0166040_06525023.png
e0166040_06530905.png
きれーかですなー

タイムズスクエア駅からは7番線
e0166040_07003757.png
会場の最寄り駅は大リーグニューヨークメッツの本拠地のある駅
Mets Willetspoint
ついにテレビでずっと見てたFlushigmeadowsに到着‼️
e0166040_07005406.png

駅は全米オープン一色
e0166040_07031791.png

e0166040_07033855.png

会場までのアプローチは木製のボードウォーク

イヤでもテンションあがるー
e0166040_07035771.png


明らかに体型のオカシい女性の後を歩き会場へww
e0166040_07041286.png
しかしまだ8時

開門までは1時間半

とりあえずゲートまで行ってみるかと
e0166040_07043030.png

予想通り
まだ誰もおらん…(*´-`)

つづく

[PR]
by mochi-moon | 2017-09-07 02:26 | 自由の国アメリカ

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30