Down by Law

監督 ジム・ジャームッシュ
e0166040_19581684.jpg


ビッグになる事を夢見るが、ウダツのあがらない売春元締めのジャック(ジョン・ルーリー)、実力はあるが、人間関係が苦手で一つの放送局に定住出来ず、酒浸りのDJザック。。。二人は共に同じ夜に仲間にハメられ、無実の罪で投獄される。
同じ独房で、全く会話が噛み合わずケンカばかりの二人。。。ソコに英語のまだ余り喋れないイタリア人のロベルトが投獄されてくる
e0166040_19581644.jpg

ロベルトはイタリア人らしく、明るい性格で、ジャックとザックを巻き混んで仲間意識が生まれ始める
e0166040_19581632.jpg

そんなある日、ロベルトが「庭から外へ出る方法がある」と言い出す
まさか。と相手にしない二人。
しかし話は本当で、いとも簡単に脱獄に成功する
沼地、川を渡り、ボートを見つけて乗り込む3人
e0166040_19581695.jpg

無事に平穏な生活に戻れるのか
3人の運命は?♪(´ε` )


出演はジャックに前作「Stranger Than Paradise」でも好演のジョン・ルーリー
DJのザックにはミュージシャンのトム・ウェイツ
イタリア人ロベルト役にはイタリアのコメディアン、ロベルト・ベニーニ

終盤ロベルトのパートナーになるレストランオーナーにはニコレッタ・ブラスキ
この二人はのちの名作「ライフイズビューティフル」のコンビ(^^)

Stranger Than Paradiseもそうだったが、こちらも全編モノクロ
船でゆらーり逃亡のシーンはのちの「デッドマン」の雰囲気モリモリ

シブい音楽とウィットな会話
またまたスタイリッシュなジャームッシュ節が炸裂する一本


是非
んなマタ
May the force be with you003.gif
[PR]
by mochi-moon | 2015-12-26 19:28 | 映画

Stranger Than Paradise

監督 ジム・ジャームッシュ
出演 ジョン・ルーリー
リチャード・エドソン
エスター・バリント
e0166040_16120572.jpg

ジャームッシュの35ミリ長編初監督作品
アタクシは本当にこの作品が大好きなんですね♪(´ε` )
シリーズでいえば1番観てる回数はSWや007シリーズだけども、1本に絞ったらコレが1番観てるかも




ハンガリー人のウィリー(ジョン・ルーリー)はニューヨークでギャンブラーとして生活していた
ウィリーはブタペスト出身で、ニューヨークに出て来て10年、ハンガリー語を聞くのも嫌になっていてハンガリー人出身を隠して生活していた

そんなウィリーにクリーブランドに住むハンガリー人のおばさんから電話がある。おばさんは英語を喋らない。ちょっとイラつくウィリー 笑
e0166040_16374519.jpg


「10日程入院で家を空けるから、ハンガリーからやってくるいとこのエヴァを預かってくれ」と

ハンガリー人との交流を絶っていたウィリーは断ろうとするが、おばさんのパワートークに押し切られ、1日なら、の約束で泊める事にする

初めての海外生活で、見たもの全て新しいエヴァとウィリーは会話が全く噛み合わず重い空気
e0166040_16120544.jpg

しかし、数日経つうち次第に「お前実はいいヤツじゃん!」的にウィリーは打ち解け、ニューヨークで孤独だったウィリーは束の間、ギャンブルの相棒エディ(リチャード・エドソン)も交えて3人の楽しい生活になる


そんな中、早くも10日は過ぎエヴァはクリーブランドに旅立つ日がくる
仲間との別れを惜しむが、誰も口にはしない。。。エヴァのためにニューヨーカーが誰でも着ているよ。とワンピースをプレゼントする。
ウィリーとの別れも済ませて家を後にしたエヴァは、道端でワンピースを脱ぎ捨てゴミ箱に入れる 笑
残念ながら”身勝手で無愛想でイヤなヤツ”とゆう第一印象は、頑固な家系のエヴァの中では変わってはいなかった


1年後、イカサマポーカーで一儲けした二人はクリーブランドにエヴァに会いに行こう!との話になり、エディの兄に車を借りクリーブランドに向け夜通し走る

クリーブランドに着くとエヴァはハンバーガーショップで働いていた 再会を喜ぶ3人


e0166040_16331947.jpg

一年間のクリーブランドの退屈な生活に、エヴァもウィリーに対するイヤな奴という感情も和らいだかのような印象だ

しばしのクリーブランド滞在も過ぎまた別れの時。。。
帰りの高速上で所持金を数えると、クリーブランドではおばさんの家に世話になっていた為、50ドルしか使ってない事に気づく

そこでウィリーは、寒く何も面白味のないクリーブランドに嫌気が刺していたエヴァを思い出し、エヴァを誘って3人でマイアミにバカンスに行く!と言い始める…


この作品は全編モノクロで、無表情な3人のロードムービーチックな作品です

喜劇の要素を多く含んでおり、モノクロの喜劇とあって、チャップリンの映画を観ているかのよう

クリーブランドでの有名な観光地の湖を観に行こう!と行ったら湖は凍りつき吹雪だったり
e0166040_16120552.jpg

エヴァのボーイフレンドとの映画デートに二人が付いて行ったり
e0166040_16120532.jpg

彼氏は端っこのポップコーン役(^^)

時代設定も懐かしめの時代で、現代のスピード感のある生活ではないので、全般的にのんびりとしたムード
パーマネントバケーションのようには間延びした絵ではなく、会話もウィットがあって面白い。。。会話のテンポが決して早い訳じゃなく”絶妙な間”が冴え渡ります。
この辺はギャンブラーコンビが二人ともミュージシャンだからかもしれません。
翻訳も戸田先生にしてはセンス良い♪(´ε` )


ヒロインのエヴァが飛び抜けた美人ではないですが、印象に残る美人
e0166040_16120542.jpg

ラジカセでスクリーミン・ホーキンスのブルースを聞きながらニューヨークの街を歩くStranger な雰囲気は80年代を代表する名場面だと思います
e0166040_16120549.jpg

アタクシは勝手に「ソフィー系」と呼んでいますが、お目目ぱっちりの誰が見ても美人っつー訳じゃないが美人。。。ソフィー・マルソーからのネーミングですが、ジェニファー・ローレンスやキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、ナタリー・ポートマンなどもこの部類
スカヨハもココかなー

あとは、目鼻各パーツのデカイ、見栄えのするケバい美人はロバーツさんから「ジュリア系」です 笑
アンジーやソフィア・コッポラなど
もうひと系列は、美人ではないけど表情豊かで、愛嬌がある系統は「サンドラ系」サンドラ・ブロック、ユマ・サーマン、キャメロン・ディアスなどですかね 笑


話ソレましたが、ジャームッシュ監督の80年代を代表する名作です。
とてもセンスを感じるスタイリッシュムービー!
必ず後世に語り継ぎたい一本です!
まだの方は是非

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-26 15:08 | 映画

Permanent Vacation

監督 ジム・ジャームッシュ
e0166040_12561489.jpg


大学在学中に撮ったジャームッシュの16ミリでの初監督作品
次のStranger Than Paradise (1984)が商業映画35ミリのスタート
コレが評価され、過去の作品も注目を浴びた形で世に知れた作品

舞台はベトナム戦争も終わり、経済成長期の80年代初頭のニューヨーク
高校生のパーカーは、思春期独特な、何の為に生まれてきた?人生への喪失感、孤独な自身など、青臭い葛藤、悩みから日々眠れずに夜の街をさまよい歩く

リアルなスラムの風景
ベトコンで病んだ元戦士
精神を病んだ女性シンガー
売れずに自殺願望のあったサックスプレイヤー
度々の空襲で夫を失い、精神を病んで、精神病院に入院中のパーカーの母

見事にネガティブ万歳です( ;´Д`)

風景、音楽、どれを取ってもネガティブ

淡々と長回しで、退屈で辛抱を試される 笑

だけど、何か気になる…
ジャームッシュらしい映画です。


映画会では、ジョージ・ルーカスを戦犯扱いする風潮があります(いい意味でですよ)
映像の可能性を広げ、表現の幅をより膨らます事により、展開をスピーディにした。と
今まではいちいちストーリーを順だてて説明するような映像が必要だったが、コンピュータグラフィックにより仮想の映像を作り出し、ジェットコースターのようなスピード感を可能にした。
結果、最近の映画はスピーディな展開が多く、若者にウケのいいものばかり作られるようになった。と

確かに大ヒットするような作品は、必ずCG合成のジェットコースタームービーが少なくない
古き良き、映画の”表現する”って行為を妨げているかもしれません

「ゼロ・グラビティ」や「バードマン」のように映像の珍しさ、撮影技法だけでヒットする映画もありますからね 泣
カメラやデジタル機材の進化ですから、ソレらが悪いとは言いません
実際、「ゼロ・グラビティ」を成田のフルに近いIMAXシアターで鑑賞した時は度肝を抜かれました♪(´ε` )

ただ、映画の楽しみってソレだけではない訳で…
ですからアタクシも、現代映画のジェットコースター化に毒されそうになったら、ジャームッシュの作品を観るようにしています 笑


この作品はアタクシのリハビリでもある訳です

んなマタ
May the force be with you003.gif
[PR]
by mochi-moon | 2015-12-26 12:12 | 映画

白雪姫殺人事件

監督 中村義洋
出演 井上真央
e0166040_20123952.jpg

湊かなえ原作っつー事でずーっと観たかった( ;´Д`) やっと観れますた…

しぐれ谷公園で化粧品会社の美人OLの三木典子(菜々緒)がメッタ刺しの上に火をつけられ殺される事件が発生する
彼女の同僚の狩野里沙子(蓮佛美沙子)は、学生時代の同僚でTVの制作会社契約社員、赤星雄治(綾野剛)に「ウチの会社の先輩なんだけどっ!」と情報提供の電話をかける
直接会って話すから!と言われ、カメラ持参で駆けつける
e0166040_20123955.jpg


内部からの情報提供とあって、スクープ!と浮き足だった赤星は、いつもの”注目されたい精神”から次々と美沙子の話をTwitterにUPしてしまう。
美沙子の話では、事件当日の夜、被害者の典子を飲み会の帰りに車に乗せたのは、典子の同期入社で社内でも目立たない地味な城野美姫で、城野はその日から無断欠勤をしている!と告げる。
e0166040_20124002.jpg


調子に乗ってTwitterにUPし続ける赤星。
『容疑者S』と伏せていたが、ネット民達によって暴かれ、晒されてしまう。
ネット上では、未だ姿を消している城野美姫が犯人だ!探せ!と盛り上がり、炎上してしまう

事件の真相は?
ホントに城野美姫は犯人なのか?


と、まぁこんな具合です♪(´ε` )
映画化された湊作品といえばやっぱり「告白」が強烈過ぎるインパクトでした。
この作品も最後のどんでん返しはありますが、いかんせん長い( ;´Д`)
中間の城野美姫の人間像と幼少期のストーリーが長い
最後のちょっとウルっとくるいいシーンにはそのクダリが必要なんですが、長すぎて全体のテンポを落とした…
現代のスピード感満載のネット社会をメインテーマにし、Twitterなどの早い展開など
ネットのサクサクしたテンポに完全に置いて行かれた。序盤はそのサクサクムードで進むのでなおさらタルい感じが増す。

とはいえ、流石は湊ミステリー
キッチリ回収、解決します♪(´ε` )
最後は明るい気持ちで終わります
e0166040_20124082.jpg


東野圭吾や、伊坂幸太郎作品など小説の映像化はお手の物の中村義洋監督ですから、上手に表現されてます


面白い一本ですた!
んなマタ
May the force be with you003.gif
[PR]
by mochi-moon | 2015-12-25 19:40

紙の月

監督 吉田大八
原作 角田光代
e0166040_16445726.jpg

久々に邦画を観た気がします( ;´Д`)
記憶にあるのは新宿スワンくらいかなー

2015年日本アカデミー賞はコレ一色でした。。。ならば観らん訳にはいかんと

専業主婦であった梨花(宮沢りえ)が
e0166040_16445781.jpg

仕事に復帰する場に選んだのは銀行。。。
旦那ともすれ違いが多く、フトした事で知り合った大学生の光太(池松壮亮)と
惹かれ合い、巨額横領事件に彼女は手を染める
e0166040_16455336.jpg



角田光代と言えば「8日目の蝉」が有名でしたね。映画も永作博美が素晴らしい演技で涙腺はユルユルになりました( ;´Д`)

原作は読んでませんが、話としてはまぁアリなのかなと。
でも、梨花と光太が不倫に至る動機付けが弱かったり、逃走シーンが、ンなバカな…って感じだったり、ラストがそんな訳ねーだろ!だったりします( ;´Д`)

しかし、宮沢りえの梨花が、犯罪だとわかっていながら、どんどん生き生きと、自由で美しくなって行く様子の描写は素晴らしい。
梨花の犯罪にいち早く気づき、彼女を追い詰める役の勤続25年のオツボネ様には小林聡美
e0166040_16445884.jpg

オツボネ様も犯罪なんだけど、伸び伸びと好きな事をして美しくなって行く梨花をどこかで羨ましく思う。。。映画だけのオリジナルキャラらしく、彼女はとてもいいスパイスになってます。
バブルの直後の設定も絶妙にいい。

今やダメ男の役をやらせたら、東幹久と二分する存在の田辺誠一もよい♪(´ε` )
e0166040_16445862.jpg


大島優子がAKB卒業して本格女優宣言した直後の出演で日本アカデミー助演女優賞も獲りましたが、なーんちゃ普通の演技(・_・;
e0166040_16445851.jpg

同じ役なら、松岡茉優か高畑充希で観たかった( ;´Д`)

吉田大八監督は、犯罪者だけど道徳的には俺らは悪くねー!って感じを90年スコセッシの名作「グッドフェローズ」をモチーフにしたそうです。爽やかに疾走感を出した犯罪者なんだとか。
コレは正直言わない方が良かった…
スコセッシやデニーロに失礼( ;´Д`)

監督は中島哲也とか、思い切って園子温でも面白かったかもなー


エラそうにすいません・・・


んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-25 16:02 | 映画

Homefront

邦題 バトルフロント
監督 ゲイリー・フレダー
e0166040_15495560.jpg

製作・脚本 シルベスター・スタローン

麻薬潜入捜査官のフィル(ジェイソン・ステンサム)は
e0166040_15495692.jpg

(ロン毛です 笑)
バイクギャング団に潜入し、首尾よくギャング団の一斉摘発に成功します。
しかし、ギャング団のボスの一人息子だけは、手違いにより射殺されてしまい、ボスはそのまま収監されます

目の前で手違いで射殺された息子を見て、潜入捜査官にイヤ気がさし、引退して妻の故郷の南部の街に移住します

その妻は亡くなり、一人娘のマディと平和な日々を送っていました
e0166040_15495608.jpg


ある日マディは学校で問題児のイジメっ子に絡まれまてしまいます( ;´Д`)
しかしマディは父親に護身術を伝授されており、一発KOで撃退します。

しかし、ソレで終わらないのが現代の子供のケンカ
子供も問題児なら、親もモンスター(・_・;
e0166040_15531533.jpg




謝罪を求めて父親はフィルに殴りかかりますが、あっけなく撃退
しかし嫁は「ナメられた!」怒りが収まりません。
街の麻薬カルテルを仕切る兄に相談します
『アイツをシメちゃってよ!💢』と

相談を受けた兄ゲイター(ジェームス・ブランコ)は手下を使い嫌がらせを繰り返しますが、その度フィルに撃退されます
仕方なく、自らもフィルの家に浸入し、嫌がらせをしようとします。

浸入したフィル宅の倉庫で、ゲイターはフィルの過去の潜入先などのファイルを発見してしまいます。ソコには大手の麻薬組織であったあのバイクギャング団の名前が。
ゲイターは収監されているボスが、息子の復讐のため、このネタを欲しがっている事を知っていて、自身の製造した麻薬を販売してくれるよう持ちかけ、取引きをしようとします。
交渉役にはガールフレンドで街に顔の効く娼婦のシェリル
しかし、ギャング団は南部の小さな組織となど取引きするはずもなく、シェリルは拉致され、強引にフィルの家に案内するように仕向けられます
フィルと娘、ごく普通の夜を過ごしていたのですが、ソコに武装したギャング団が…


って話ですが、元々は犯罪小説らしく、ストーリーはとても面白い
スタローンが惚れ込み、自身で主演するつもりで脚本を書き、暖めていたものを、ステンサムに託したそうです♪(´ε` )
確かにステンサムで正解かと。。。スタローンだとキャラ濃すぎ 笑


キャストもソコソコに豪華で
モンスターペアレンツの母親には「ブルークラッシュ」でハワイの波を華麗に乗りこなしていたケイト・ボスワース
e0166040_15495601.jpg
面影もねぇ( ;´Д`)



兄のゲイターにはスパイダーマンのハリー役のジェームス・ブランコ
e0166040_15495691.jpg

横に居るのはガールフレンドのシェリル。。。コレな、なんとウィノナ・ライダーなんです!

才能がありながら、男性遍歴や万引きなど”お騒がせ女優”として評価を落としていますが、アタクシはとても好きな女優さんです。
ビートルジュース、シザーハンズなどティム・バートン作品に変わった役で良く出てましたね!
でも、アタクシが一番好きな役は
91年ジム・ジャームッシュ作品「ナイト・オン・ザ・プラネット」のコーキー役
e0166040_15495681.jpg

4つの短編が最後に繋がるありがちなヤツのハシリではないでしょうか(^^)
タクシードライバー役でかなりイカした役でした。
街を流している彼女のタクシーを止め、乗り込んで来た乗客がナ、ナンと!
ジーナ・ローランズ‼️
ボヤけてますが後部座席にはグロリアですよ!グロリア!♪(´ε` )
予備知識無しで観たんで跳び上がるくらい驚きました( ;´Д`)
名女優どうし、素晴らしい掛け合いでした

そんな彼女はオン歳44歳。。。
意外に若いんですな 笑
まだまだ観たい人の一人です。


この映画は、毎度のステンサムのアクションもキレキレで素晴らしいんですが、
子役のマディ(イザベラ・ヴィドヴィッチ)
e0166040_15495650.jpg

の演技が素晴らしい!
表情豊かで、表現に嫌味がない。
ナタリー・ポートマンのマチルダを思い出しました。。。きっと凄い女優さんになるでしょう。チェックチェック♪(´ε` )

この作品。全く話題になりませんでしたがアタリだと思います
是非♪(´ε` )

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-25 14:53 | 映画

Dark Knight Rises

監督 クリストファー・ノーラン
e0166040_16373127.jpg

キャスト、スタッフほぼ変更なしに
ジョーカーからゴッサムを救った8年後を描いた最終作

ゴッサムの救世主、光の騎士ハービー・デントが悪と戦って殉職し、その罪を全てバットマンに被せる事により
デントは英雄扱いされ、彼の名をとった「デント法」制定で警察組織は強固なものに生まれ変わっていた。
ブルースもバットマンから引退し、燃え尽き症候群なのか引きこもっていた


アイツらが現れるまでは…
e0166040_16373209.jpg

今回の悪役筆頭はベイン!
e0166040_16373252.jpg


コミックのまんま、動けるベインにした感じでしょうか。。。演じるはトム・ハーディ
彼の出てる映画は随分と観てる訳ですが、なんか印象が薄い( ;´Д`)
インセプション、裏切りのサーカス、Black&White、欲望のバージニア…
演技が上手すぎて自然体すぎるのか?
他の強烈キャラに飲まれるとゆーか…

その個人的印象は、このベイン役から一掃されました
次の「オン・ザ・ハイウェイ」
今年のメガヒット「マッド・マックス 怒りのデスロード」
めちゃ存在感あります。
マックスは前任者の兼ね合いから、あんなに演技をしてはいけません。とNG出したくなる程上手いです。

またもやゴッサムシティをメチャメチャに破壊しまくる輩です。




ブルースの母の形見のネックレスを盗み出す女泥棒カリーナ・カイルにアン・ハサウェイ
e0166040_16373271.jpg

彼女の背後を調べていくうち、かつてブルースと同じ「影の同盟」に属していた傭兵ベインの存在を知る
ベインのゴッサム襲撃は計算されており、証券取引所を破壊し、経済の混乱も同時に引き起こすような周到なものだった
ブルースもベインを倒そうと再びバットマンに復帰したのもつかの間、証券取引所の混乱により全財産を失ってしまう

カリーナにベインの隠れ家を教えられたブルースだったが、敵の罠にかかり捉えられてしまう

バットマンを無力に追い込み、ウェイン産業の進めていたエネルギープロジェクトの核融合炉を奪い、中性子爆弾を完成させる

なんとか核爆弾だけは使わせてはならない

なんとか幽閉されていた「奈落」を脱出したブルース
2度もブルースを裏切り、もう関わりを持つのを拒絶していたカリーナに協力を要請するが、彼女は答えを出さずに去って行く

ベインとの対決の中、またも窮地のバットマン
そこへ現れたのはスーツに身を包んだキャット・ウーマンだった
e0166040_16373200.jpg
このキャットウーマンのサングラス。。。
頭の上にクイっと上げると、アキバ系メイドのような ”猫耳” なります 
お見逃しなく 笑




ベインとの決着は、そして核爆弾の行方は…

最後にバットマンは自らの命と引き換えに核爆発からゴッサムを守ろうとします。
その時ゴードン警部補は
「考え直せ。まだまだこの街にはヒーローが必要だ!」

「いや。ヒーローはどこにでもいる。。。
  ヒーローとは、傷ついた少年の肩に上着をかけ、大丈夫。世界は終わりではない、と励ます男のことだ」

もぉ号泣なのです  泣

このシーンは1作目の ”バットマン・ビギンズ” で、
両親を殺され、警察署で待機している、まだ幼い少年のブルースにゴードン警部補がかけるセリフです。。。


こんな感じで序盤及び、ビギンズ、ダークナイトから、かなりの伏線があります
セリフだったり、シーンだったり
一度の鑑賞で全ての伏線回収は難しいでしょうから2度、3度観ないと面白さ半減です
( ;´Д`)



シリーズを締めくくる作品ということで
アタクシはどうゆーラストシーンでブルースの人生はどうなってしまうのか?
が気になって仕方なかったのですが、ノーラン監督は、これ以上のエンディングは無い!くらいのラストシーンで締めてくれました。
初見は忘れもしない新宿ピカデリー
当時は在京だったので頻繁に行っていた。
ホントに周りも気にする事を忘れ、ピカデリーで嗚咽するかの勢いで号泣した記憶があります( ;´Д`)

男同志の約束、絆、ブルースの感謝
e0166040_16373256.jpg

アルフレッドの優しさ、思いやり…
e0166040_16373218.jpg


全てセリフのない ”目だけの演技” で終結させた監督の凄さ、二人の演技力


このラストシーンなら誰も文句はないはず‼️♪(´ε` )


壮大な哲学的テーマを伝統のアメコミに持ち込んで見事に表現した名シリーズ

このシリーズは是非観ておくべきですよ!

まだの方は是非

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-24 15:27 | 映画

The Dark Knight

監督 クリストファー・ノーラン
e0166040_13064641.jpg

いよいよThe Dark Knightを書く日が来ました
これまで相当な回数観てるシリーズでも一番好きな作品

前作から主要キャスト、スタッフは変わらず、初めて「バットマン」の名をタイトルから外して、新たなバットマンの可能性を示したチャレンジの一本

前作は、ゴッサムを陥し入れようとやって来た「影の組織」との戦いでしたが、今回はゴッサムに深く根付いたマフィアによる犯罪、そのマフィアと癒着し腐敗した警察組織。そんな昔からあるゴッサムの”悪”と戦うのですが…
ソコに”狂人”ジョーカー(ヒース・レジャー)が現れる
e0166040_13064689.jpg



絶対的正義を信条として新たにゴッサムに赴任してきた地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)
e0166040_13064682.jpg

マフィアを根絶する事がゴッサムに平和をもたらすと信じるジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)
e0166040_13064772.jpg

そして、正義とは?善と悪の狭間で揺れるバットマン、ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)
e0166040_13064715.jpg


彼ら3人の目的は
”ゴッサムの平和”で共通している。
だが、平和を作る過程において微妙に3人の考え方が違い、根底に流れているものが違う事にジョーカーは気付く
それは「壮絶な体験をした奴は狂う」と、自らを狂人と呼び、犯罪をゲームとして楽しむ愉快犯ジョーカーだから気付いた些細な誤差だった。
まず、デントの信条は絶対的正義
正義=善 である。微塵な不正も許さず、不正=悪、もちろんその目は内部調査部時代から身内の汚職などにも厳しい。
絶対的正義クリーンな存在としていたい
理想の正義の味方である

次にゴードン警部補の考える”平和”とは。
彼は警官であり、市民の平和な生活が一番の目的である。だから平和を取り戻す為には多少の犠牲は目をつぶる。
ゴッサムの警官にはマフィアと取引きする汚職警官も多く、当然ゴードンもその事は知っている。だが、マフィアの資金洗浄の証拠を掴み、検挙寸前の今はそんな汚職問題よりもマフィアの検挙が先だ!とデントと対立する。汚職警官を罰すれば、現場の警官も足りず、長年追ってきたマフィアを取り逃がしかねない状況なら仕方ないだろう。
このような正義=善では無いポイントはゴードンとバットマンの意見は一致している。不正=悪ではなく、それらも上手く使いながら平和を取り戻す
バットマンが正義の味方として表に出ない理由もそこにある。彼は平和を脅かす悪に対して、時には武力「力」で恐怖を与え、対抗する闇の存在だから。
しかし、絶対的正義「光の騎士」とまで言われるデントの信念が本物だと感じたブルースは、彼を資金面から支え、バットマンは引退し、幼馴染のレイチェルと平和な暮らしを考える

しかし、そのレイチェルはデントに求愛され、ブルースの苦悩を知っているレイチェルは揺れ動く
ゴッサムがバットマンを必要としなくなったら…とブルースと語り合うが、そんな日は遠く、永遠に来ないのではないか。
執事アルフレッドに自らの思いを綴った手紙を渡し、「貴方が必要だと感じたら渡して下さい」と懇願し、迷い苦しむ

マフィア根絶の為に、自らも地方検事として奮闘のレイチェルにもジョーカーの魔の手が伸びる

レイチェルとデント、共に誘拐されてしまい、爆破時間の同じ爆薬を仕掛けられてしまう二人。
ジョーカーは自ら囚われたように装い、警察署内に入り込みバットマンにこの事実を突き付ける
助けられるのは片方だけ…
ゴッサム市民の光の騎士デントか、最愛のレイチェルか…

ゴッサム中に爆薬を仕掛け、脱出するフェリー2隻にも爆薬を仕掛け、お互いのフェリーに相手側の起爆装置を持たせ、人の悪の部分を測ろうとしたり、ジョーカーは
「善人が悪事を自らの意思で行うようになってしまうシチュエーション」が大好きです。。。流石は超一級の愉快犯
金や権力など眼もくれません♪(´ε` )
悪さもスケールが桁違いで、ゴッサムシティの滅亡、人々の心に、再び立ち上がらせる事を全く考えさせないくらいに恐怖と不安を植え付ける。。。まさに映画史上最狂のヒールです

最初に銀行を襲い、マフィアの資金洗浄用の多額な現金を元手に、警官を買収し、仲間を増やし、用意周到にさまざまな”一歩先を行った”テロ行為を仕掛けるジョーカー

ついにゴッサムの希望、光の騎士デントまでもがジョーカーの思惑通り、悪の化身「トゥーフェイス」へと変身してしまいます。トゥーフェイスは最愛のレイチェルを誘拐、拉致し、死においやった悪徳汚職警官たちに復讐を始めます。
当然彼の目は、長年に渡り、捜査に支障が出るからなどと、身内の不祥事を黙認してきたゴードンにも向けられます
e0166040_13064778.jpg


クリストファー、ジョナサン兄弟の脚本は単なるアクション映画では無く
善と悪、人としての存在、など哲学的な要素をたくさん盛り込みました。
この難解さが、本シリーズの魅力であり、見解が分かれている為、未だに謎を追求する映画好きが多い事に比例しているでしょう

アカデミー賞も7部門ノミネートされ
助演男優賞ヒース・レジャーと音響編集賞を獲りました
しかし、ヒースは本作の完成を待たずにマンハッタンの自宅で遺体で発見されました
前年末からの不眠症状、自身の婚約解消、インフルエンザ、いろんな状況からの治療薬の併用摂取による事故死だったそうです
e0166040_13280777.jpg


享年28歳。。。「ブローク・バック・マウンテン」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたのが26歳

まだまだ沢山の役のヒースを観たいと思うのは当然の感情でしょう
ホントに惜しい。。。ジェームス・ディーンの若死にとは全く違うんですよ( ;´Д`)

レイチェル役のアーロン・エッカートも、そんな美人でもなく(失礼(・_・; とてもいい感じでリアル感を出してます。前作のケイティ・ホームズはどーしても”トム・クルーズの奥様なだけの女優さん”でしたから…
e0166040_13064781.jpg


何と言っても本シリーズの一番のキーパーソンは執事アルフレッド(マイケル・ケイン)
e0166040_13064799.jpg

ブルースの父の代からウェイン家を影ながら支え、ブルースの「バットマン」になる‼️とゆう最高のワガママにも神対応で最大限に協力します。
全てを受け入れ、時には人生の先輩としてアドバイスを送り、いつも温かい目でブルースを見守る姿は、本作では絶対に焼き付けておかなければならないポイントです。
最終作であるのDark Knight Risesのラストシーンは本当に映画館で嗚咽する程泣きました(≧∇≦)



協力という意味ではウェイン産業役員フォックス(モーガン・フリーマン)も
e0166040_13064742.jpg

武器調達、兵器開発など重要な役です

最高の役者
最高の脚本、監督、スタッフ

本作が
最高のアクション映画の一本である事は間違いありません

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-24 10:47 | 映画

Batman Begins

監督 クリストファー・ノーラン
e0166040_14022045.jpg


クリストファー・ノーランも今や凄い売れっ子監督ですね
来年初頭に公開予定の「バットマンvsスーパーマン」なんてアメリカを代表する2大ヒーローを戦わせてしまいますからね( ;´Д`)
今は彼とJJエイブラムスは何をやっても許される存在でしょう 笑

そんなノーラン監督の出世作となったのが3本から成る名作シリーズ

まずは05年公開 Batman Begins
e0166040_14022020.jpg

壮大なる3部作の幕開けとして、資産家ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)が
e0166040_14022025.jpg

いかにしてバットマンになる様子が描かれます。

資産家のトーマス・ウェインは長引く不況、凶悪犯罪の横行で荒れ果てていた大都市ゴッサムシティを立て直すべく、私財を投げ打って奔走していた。
ある日、ウェイン親子を3人で観劇の帰り道、不幸が襲う。目の前で強盗に両親を殺害されてしまう。

10数年後、刑期を終えた犯人に復讐をしようとしたウェインは、その男が別の組織に殺されたと知る。
組織の黒幕ファルコーニの元へ向かったウェインは、汚職と制度の腐敗したゴッサムでは、正義や個人の力など無力だと知る。

自らの道を探す為、正義とは何か?追い求めたウェインは行方不明を装い世界中を放浪する旅に出る
放浪先で自らも犯罪者となってしまったウェインは刑務所に投獄されてしまう。
投獄中にデュカードという男に出会い、「影の組織」の存在を知る。
悪を潰すにはまず悪を知る、の観点から影の組織への接触を図るブルース
組織に潜入する事に成功したブルースは、ありとあらゆる殺戮知識を叩き込まれる。
対人格闘術、剣術、爆破知識…
全てを吸収していったウェインは、いよいよ最終試験の場に立たされる。
そこでの裏切り者の犯罪者の処刑が最終試験だった。
だが、ウェインは「犯罪者は法廷で裁くべき」と主張し、反抗し一人組織と戦う。
ボスのラーズ・アルグール(渡辺謙)を殺害し、脱出に成功したブルース。
途中、谷底に落ちそうになる監獄仲間のデュカードを助けたが、実はこのデュカードが影の組織の本当のボス、真のラーズ・アルグールだった

心身共に悪と戦う準備の出来たブルースはゴッサムに戻り、執事アルフレッドと共に、資金とウェイン産業の技術をフルに使い、悪と戦う闇の象徴、バットマンを作り上げる。

そんな中、ゴッサム全体の水道管に麻薬を混入し、混乱に陥し入れようとアルグールの準備が着々と進んでいた…

アルグール役には、かつて「アクションには興味ない」とあっさりとジェームス・ボンド役のオファーを蹴ったとされるリーアム・ニーソン
e0166040_14022109.jpg

ボンドマニアには有名な話です
今や数々のシリーズもののアクションの主演を何本もやってたり、ジェダイマスターになってみたり・・・
なんでボンド断わったのかね?(≧∇≦)
イメージが固定されてしまうのを嫌ったかな…もったいナイ( ;´Д`)

主演のクリスチャン・ベール
前年の04年には「マシニスト」とゆう作品の撮影で、不眠症の役を演じ、ガリガリに痩せこけてからーの
05年本作の撮影だったらしく、高カロリーのアイスクリームなどを暴食したそうです
e0166040_14022198.jpg

結果は太りすぎでバットマンのスーツが入らず、肉体改造が大変だったとか 笑
ちなみに13年のアメリカンハッスルの詐欺師役はコレですからね 笑
e0166040_14022127.jpg

彼の役作りは本当に凄いです!( ;´Д`)

過去に公開されたバットマン映画4作のエピソードゼロ的な位置で製作された本作ですが、あまりの興行成績の良さからリブートとして3部作となったらしいです

本作の最後のシーンに、全て解決してヤレヤレの空気の時に「最近こうゆう輩が現れた」とのセリフと共にカードが出てきます
e0166040_14022148.jpg


さて、いよいよアタクシがアメコミ史上、最も優れた悪役とイチオシで、最も敬愛する”彼”の登場です


んなマタ
May the force be with you003.gif



[PR]
by mochi-moon | 2015-12-22 12:52 | 映画

Brokeback Mountain

監督 安李(アン・リー)
e0166040_15184171.jpg

78回アカデミー賞において前レビューで褒めチギった「Crash」と賞レースを二分したのが、台湾人監督アン・リーによる本作

コチラも主要8部門にノミネートされ
監督賞、脚色賞、作曲賞をゲッツ♪(´ε` )

台湾人監督が二回も監督賞獲ってんのに日本人にはまだ受賞者がいないのは寂しい限りですね( ;´Д`)

さて本作
公開時には、只のゲイの愛憎劇なんて言われてましたが、終わってみると低予算ながら米では大ヒット‼️
e0166040_15184130.jpg


出演のヒース・レジャーは一気に注目され、今やアメコミの悪役と言ったら彼‼️
e0166040_15184226.jpg

に繋がります♪(´ε` )

しかし、アタクシも3回ほど観ましたが「只のゲイの愛憎劇」ってのはおおむね当たってるかなと(≧∇≦)

ただ、大自然の中での話ですから、何もドロドロした愛憎は無く、カナディアンロッキーの美しさが際立つ映画です

ヒース・レジャーとジェイク・ジレンホールが禁断な関係を演じでいますが
ご存知の通りヒースはすでに雲の上の人 泣

ジレンの方はあまり目立つ役はありませんが、コンスタント出演はしています
今話題の「エベレスト3D」にもクレジットはありました

まだまだ35歳です
いい役に当たる事を期待します♪(´ε` )


んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-21 14:50 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言