ワイルドスピード SKY MISSION

ワイルドスピードもすでに第7作目に

e0166040_22254058.jpg


監督はまた中華系

しかも『ソウ』シリーズなどのホラー作品を多数手掛ける
マレーシア産まれ
オーストラリア育ちのジェームズ・ワン


なんで?


他にアクション得意な人いっぱいおるやん!

三池さんとかさ!



仕方ないです



ソコは今回大した問題じゃねーんです

今回はそれどころではないのですよ


おおごとです



撮影中

プライベートな車の事故により


ポール・ウォーカー



死去


享年40歳・・・



まだまだクランクアップ前だったので
撮影は当然中断

脚本家が書き直して

ポールの撮影済みのシーンを繋げて

あとのシーンは弟2人が代役を務めるとゆう異例の出来事


もうこの笑顔も
e0166040_20431694.jpg

ツーショットも
e0166040_20433541.jpg
永遠に観ることは出来ません…


なんちゅーショックでしょうか…






ラストではテロップで
『FOR PAUL』の文字が…

涙、涙ですよ












しかし悲しんでばかりはいれません
撮影は再開され
今回もまたブッ飛んだアクション映画になってます



しかし本編解説前にやる事があります

時系列を整理しないと
頭がコンガラがります


厳密に言うと
本作の前は『3のTOKYDRIFT』なんです

ココに3が割り込んで来る訳です

3の東京でドミニクの仲間のハンがRX7を運転中、横からドテっ腹にメルセデスのセダンに突っ込まれクラッシュし炎上




死去します




そのメルセデスで突っ込んだ男が今回の難敵デッカード・ショウ

e0166040_20535302.jpg
ジェイソン,ステンサムです

前々回のEUROMISSIONで
弟のオーウェン・ショウがドミニク一味にやられ
警察病院で植物状態となっていて





その復讐を兄にデッカードが始めるのです


その最初のターゲットが東京のハンだったとゆう訳です



なんとも複雑


回想シーンでやっと思い出しました


そのデッカードの復讐劇と民間軍事組織のジャンカティ
そしてドミニクのチームとの三つ巴です











前々回ショウ一味を一掃し
レティが帰ってきたが、まだ完全に記憶は戻っておらず苦悩しています



またブライアンも慣れない子供の送迎などでストレスを抱える生活の中、ミアは第二子を妊娠する

ドミニクに妊娠とブライアンのストレスを相談したりしていた



そんな中アメリカ外交保安部のホブスのデスクに深夜見知らぬ男が

ホブスのPCからドミニクのチームの情報を盗んでいた

易々とホブスが許すはずもなく

大乱闘になる

しかしこの男

只者ではなく
ホブスはボコボコにやられ
情報は盗まれてしまう


この男こそ
ショウ一味のリーダー・オーウェンの兄

デッカード・ショウだった


ドミニクのチームを壊滅させようと復讐を開始したデッカード

まずは東京でハンを殺し

次にドミニクの家に爆弾を送りつけ
家をコッパ微塵にふっ飛ばした


ハンの葬儀中
只者ならぬ怪しい男(デッカード)を発見したドミニクは後を追う

一触即発になる2人

ここで弟の復讐を宣言される







すっかり『正義の犯罪者』として定着してきた感のあるドミニク一座 笑

今回もまたアメリカ政府機関の特殊任務を依頼される
依頼してきたのはホブスの紹介で
ミスター・ノーバディと名乗る
e0166040_21160872.jpg
久しぶりでよくわかりませんでしたが
ヨクヨク見るとカート・ラッセル

遊星からの物体X
バックドラフトなどの名作多数の大御所です



しかしアタクシ的に何と言ってもカートおいさんの1番の代表的なアタリ役は

『ニューヨーク1997』
『エスケープ・フロム・LA』での
スネーク・プリスキン
e0166040_21205354.jpg

カンのいい方とゲーマーはピンと来たでしょう

日本が誇るステルス系RPGの大名作

『メタルギア・ソリッド』の
主人公ソリッド・スネークのモデルとされています



そんな彼ももう67歳なんですね

渋みが増してます







ミスター・ノーバディが依頼して来た内容とは

国家を揺るがす程の先進的なソフトウェアの『ゴッドアイ』

世界各国のデータに潜入でき
データを入手することができる為
誰がどこにいるかを瞬時に判定してしまう恐ろしいシロモノ

この開発者のラムジー共々
民間軍事組織にさらわれており
その奪還を依頼される


ドミニクは快諾し
ジャンカティの組織へとコンタクトを始める


輸送中、山中の一本道での奪還を計画し
実行するが
デッカードの横ヤリが入る


しかし何とかラムジーの奪還に成功

ゴッド・アイのありかを尋ね

アブダビの友人に預けてある事を知る


早速、チームでアブダビの友人を尋ねるが

今度はアブダビの国王の息子に譲ったとのことで

国王のパーティに潜入する


息子はスーパースポーツカーの
e0166040_22265446.jpg


ライカンにゴッドアイを乗せて
高層ビルの最上階に保管してある情報を得たチームは

ドミニクとブライアンで最上階に忍び込む
ちなみにこのライカン
時価総額4億円…だそうです





計画も、
すんなり行く訳もなく

追い詰められた2人は

最上階の窓からライカンでダイブする


奇跡的に奪還に成功したドミニクチーム



後はデッカードを始末しなければならない
国際犯罪者のデッカードの逮捕にノーバディの特殊部隊も協力し
デッカードを急襲したが

それはデッカードの罠で
ジャンカティと手を組んで武装していた

部隊は全滅しノーバディも負傷する

また
ゴッドアイも再びジャンカティに奪われてしまう


ゴッドアイを奪われ
全て先回りしてやられてしまう状況の中

最終決戦にドミニクチームが選んだ場所は地の利を生かせる馴染みのあるロスアンゼルス


さて
勝負の行方は…






ですが
正直、スピードあんまり関係なくなってます

車でスカイダイビングしたり
山中のオフロードのシーンは見どころですが
あんまり車は関係なくなりました



はっきり言いますと
肉弾戦の格闘重視

もう
『ハゲのおっさん達の筋肉祭り』です

e0166040_21480272.jpg




アブダビの王子宅の侵入も肉弾戦

先に潜入していたレティを待ち受けていたのは
e0166040_21491345.jpg
ちょっと肉付きよくなってて誰だかわかりませんでしたが

元UFC(世界最高峰の総合格闘技)のチャンピオン
e0166040_21501392.jpg

ロンダ・ラウジー!

ガチの人です…


前回のジーナ・カラーノといい
ワイルドスピードのシリーズはヤバい人を連れてきます 笑





彼女のスクリーンデビューは
14年公開の『エクスペンダブルズ3』


キレキレの格闘シーンと
アントニオ・バンデラスとの掛け合いが印象に残っています


今回は


アレ?


コノ太ったねーちゃんやたら強いな!
体幹も凄いし…
e0166040_22053622.jpg


って思って
エンドロール見てビックリ仰天


そりゃ強いはずた…





ハイヒールでのfightシーンはさぞかし大変なんでしょうねぇ


ハイヒールを履いた経験はありませんが


不恰好に街を歩いている若い子をみると
この2人はホントに凄いなーと思います








後はヘリコプターなどの空中のシーンが多くコレまた車関係ないですね


ですが
ラストシーンのドミニクのチャージャー
ブライアンのスープラが
分岐路で別の道を進むシーンは

『お別れ』を意味しているのだろうと


涙なしには観れません


本作でも
家族を持ったブライアンの居場所は
ドミニクのチームではない

とのセリフがある通り

もう日本車でバリバリ走るブライアンは観れないと思うと悲しくて仕方ないです




R.i.P
PAUL WALKER



んなマタ
May the force be with you








[PR]
by mochi-moon | 2018-03-31 20:26 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言


by mochi-moon