マチェーテ

e0166040_19390970.jpg
とっくに書いたと思い込んでました





クエンティン・タランティーノと

本作監督のロバート・ロドリゲスのB級映画をリスペクトした『グラインドハウス』

本編2本と仮想の予告編4本から構成された変な映画でした

マチェーテはその中の仮想だった1本

それを長編化しようと撮られたのが本作

もうスタートから遊びですから

本作も遊び以外の要素がない

しかも
大御所を連れてきて
本気で遊んでるから面白い

この辺のタランティーノのセンスは凄いと思います



メキシコの回想シーンから作品は始まります


メキシコの連邦捜査官のマチェーテは正義感の強い警官でした

買収された警官が多い中
悪を憎み麻薬王トーレスと対峙していた

トーレスに妻を殺され
自身も傷つき逃げるようにメキシコを跡にする

3年後マチェーテはテキサスに流れ付き大人しく日雇いの仕事をしていた

なかなか仕事にありつけないマチェーテにタコス屋のルース(ミッシェル・ロドリゲス)は優しくしてくれる

e0166040_13575089.jpg


彼女の裏の顔は
移民を手引きしたりアメリカでの生活をサポートする団体 "ネットワーク" の活動だった



移民局の捜査官リヴェラ(ジェシカ・アルバ)
e0166040_20044371.jpg


は毎日移民を監視して
問題を起こすと検挙し
メキシコに送還する事を日常としていて
法を遵守することをモットーにしている





移民排除を選挙公約に掲げ
活動中のマクラフリン(デニーロ)と補佐官のブースは
e0166040_19543309.jpg

ある危険な仕事をさせる為に移民を探していた

マチェーテの人相の悪さに目を付けたブースは
1500万である人物を狙撃して殺すように依頼する

マチェーテはその金をネットワークに寄付しようと思いたち
その仕事を受ける


狙撃する相手とは
マクラフリン候補者で、コレは仕組まれた罠だった

まんまとハマったマチェーテは
狙撃犯として追われるハメになる

自身の無罪を証明すると同時に
自分をハメたブースに復讐を始めるマチェーテ


しかし
マクラフリンやメキシコ国境自警団など
強力な相手と戦わなければならない




マチェーテとネットワークのメキシコ人達の逆襲が始まる








2007年に雑誌で

世界一セクシーな女性

に選ばれたジェシカ・アルバがよく出たなぁと思います

1番人気あった頃ですからね

日本ではそこまで人気の出なかった彼女ですが
北、中南米では爆発的な人気があったらしいです

何かの海外ドラマの警察の取調室で

『ダメだアイツは口を割らない
ジェシカ・アルバでもきっとダメだろう』

とゆうセリフを聞いた覚えがあります

つーことは国民的なセックスシンボルだったと予想されます


シャワーシーンがあるのですが
確かにキレイです
e0166040_20115795.jpg


もう1人意外な女優さん
e0166040_20131892.jpg
リンジー・ローハン

この人も日本では
何でそんなに騒がれているのかピンとこないセレブです

若い頃アイドル女優として人気が出て

お騒がせ女優になったのかな




ミッシェル・ロドリゲスはこの頃が1番可愛いのではないかとアタクシは思います
e0166040_20155714.jpg
この頃は30前後でしょうね

ボディもキレがありますw




マチェーテさんの悪人顔をディスるセリフが作中でも頻繁に出てきますが
e0166040_20174084.jpg

ホントに悪人顔です 笑

この顔で大型のマチェーテ(ナタ)を振り回して暴れ回ります

オープニングからスパスパと首が飛びまくりです

この辺がロバート・ロドリゲスの映画らしいなぁと

『フロム・ダスク・ティルドーン』まではエグさはありませんが

それはわざと画質の低いB級の雰囲気を演出てるからでしょう


あと
久しぶりにスティーブン・セガール
e0166040_20215454.jpg

もうカツラ?植毛?
不自然すぎるヘアースタイルで暴れます

沈黙シリーズもカナリ観ましたが
結局、何を観ても同じ 


飽きました 笑




いい大人が

自分らのセンスを売りにスポンサー付けてヤリたい放題のロドリゲスワールド


なかなか好評だったようで

続編もあります


次はソレを



んなマタ
May the force be with you

[PR]
by mochi-moon | 2018-04-01 19:28 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言


by mochi-moon