ザ・ファン

トニー・スコット作品
e0166040_13170687.jpg
 
強烈なサンフランシスコ・ジャイアンツのファンのギル(ロバート・デ・ニーロ)は妻と離婚するも真面目に営業マンとして働く

ジャイアンツの開幕戦に離れて暮らす息子を誘うが、顧客とのトラブルに見舞われ、息子を巻き込んでしまい接見禁止命令を妻に申請されてしまう

トラブルから会社も解雇されたギルに残された心の拠り所はたった1つ。
ジャイアンツを応援すること


かつてチームに在籍し、スター選手として戻ってきたボビー(ウェズリー・スナイプス)

ギルは過去にチームの親睦企画で電話で会話したことのあるボビーに執着し、親近感を持っていた


しかし、ボビーは望んだ背番号ももらえずキャンプでも実力を出せずにいた

ボビーに活躍して欲しい

チームの勝利のため

この一心でギルの行動は次第に狂気じみた方向へ進んでいく…







当時、話題に登り始めたストーカーのお話です



第一印象

デ・ニーロはやはり怖いw


ゴットファーザーの若き日のドンになる前のコルレオーネ役からそうですが

"笑いながら人を殺す" 役に至っては右に出るものはいないと個人的に思いますww


彼の笑顔は怖い
アタクシにはそんなイメージがついてます

アン・ハサウェイとの【マイ・インターン】では定年後の新しい仕事をテーマに老人を演じていましたが
その作品でさえ不気味に感じました
バイオレンス要素全くない作品なのに、不気味に思えるのはデ・ニーロの存在感の凄さでしょうか

【マラヴィータ】の時も陽気な元マフィアのはボス

何かの映画のチョイ役でラスボスで登場した時のインパクト

やはり彼は怖いです




今回は普通の真面目なおじさんが狂気のサイコパスに変わっていく様子も流石はデ・ニーロの演技力



ストーカされる選手にはウェズリー・スナイプス
同じ野球選手役で【メジャーリーグ】にも出てましたね。足が速く走るだけの人の役で

彼がユニフォームを着るとそのイメージが強いw

今回は主軸の4番打者ですが
残念なことに"線"が細すぎました
ガリガリです
e0166040_13521889.jpg


脱税で役2年収監され戻ってきた
【エクスペンダブルズ3】のマッチョとはいかないまでも


せめて【ブレイド】のビルドアップされた身体があればなーと今になって思います
e0166040_13511410.jpg

デ・ニーロの貫禄に押されてますw



ラストは悲しいんですが
バットエンディングではない
トニスコ節炸裂の作品です


んなマタ
May the force be with you

[PR]
by mochi-moon | 2018-05-11 13:16 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言


by mochi-moon