カテゴリ:映画( 134 )

原題 Silver Linings Playbook
監督 デヴィッド・O・ラッセル
e0166040_11583305.jpg


「逆境に立ち向かう指南書」ってのが
アメリカン達の中ではよく使われるフレーズらしいのだが、配給先が変な邦題でヤラカした系です 💦
たまにありますね。「怒りのアフガン」とか、「死霊の盆踊り」とかね
コレ邦題つけたの誰や!ってツッコミたくなるやつ♪(´ε` )

でも、中身は凄く良く出来てて、ラッセル監督は20回以上も脚本書き直したとか。
相当な入れ込みようだすな!
出演は、気が付けは3年連続オスカーにノミネートされてる若き演技派ブラッドリー・クーパー
ハングオーバーシリーズでブレイクした俳優さんですが、「アメリカン・スナイパー」ではかなり身体もバルクアップして見事に成りきっとりました

今回の役は、奥様と同僚の高校教師の不倫現場を目撃してしまい、相手教師をボコボコの半殺しにして、双極性障害になり、医療刑務所に入れられ、やっと条件付きでの仮釈放となる元教師パトリック

薬物に頼らない治療法を持論とするパトリックは、身体を鍛え、前向きに生きようとします。
しかし、やはりソコは簡単には上手く行きません。
ちょっとしたストレスから夜中にキレて叫び周り、警察が出動してきたり
結婚式で使用した曲がトリガーになって暴れだしたり…( ;´Д`)

躁鬱病ですからね。。。
なかなか簡単ではないトコも嫌味なく良く表現しています

家族は、ちょっとしたリモコンの置場所のズレなどを指摘せずにはおれない
コチラも何かしらの病気ではなかろうかって感じのロバート・デ・ニーロがお父さん
会社を辞め、今はアメフトのノミ屋をしているが、将来はハンバーガーショップを開きたいと願っている

そして優しいお母さんの三人暮らし

早くに自立したエリートの兄がいて
コチラもいちいち自分とパトリックを比較しては優越感に浸るクセのある
とてもマトモではない感じの家族

そんなパトリックには友人ロニーがいて
ロニーはパトリックの出所を祝いホームパーティーを開く
ソコに招かれていたのは、ロニーの義妹のティファニー(ジェニファー・ローレンス)

彼女は、警察官だった夫を事故で失い
ショックと人恋しさから、会社の人間全員と「寝る」荒技を繰り出してしまい会社を解雇になり、
コレまた双極性障害を患っている(・_・;
ティファニーもまた薬物治療を嫌い
ダンスに打ち込み、前向きに生きようとしていた
そんな中、元妻へ手紙を渡してもらう代わりにダンスコンテストのパートナーになる約束をさせられるパトリック
e0166040_11583383.jpg


撮影時は21歳だったジェニファー・ローレンス
e0166040_11583354.jpg


当初はアン・ハサウェイで決まっていた話がバットマンの撮影と重なり、頓挫して急遽オーデションとなったそうです
他には、アンジーやルーニーマーラなどのビッグネームも予定されていたらしく、オーデションは形だけのモノ
しかし監督は21歳のジェニファーを選びます

いやいや。コレは大正解
アンジーじゃ完成されすぎて病気がイメージできません
ルーニーじゃセクシーさが足りん
ジェニファー・ローレンスはアタリやなと。いや大当たりでしょう!

結果、主演女優賞でオスカー受賞!
凄い…( ;´Д`)マサにアメリカンドリーム

後の彼女の活躍は凄いです
ハンガーゲームシリーズ
アメリカン・ハッスル
Xメンのミスティーク
今や1番稼ぐ女優に(・_・;

作品も監督賞、主演男優賞、主演女優賞、作品賞、脚色賞の主要5部門ノミネート
コレはイーストウッド監督の「ミリオンダラーベイビー」以来だそう

結果はジェニファーしか受賞しませんでしたが十分に素晴らしい映画です

現代のストレス社会を上手く表現したいい作品でした

をなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-15 10:59 | 映画

MI 5 Rougue Nation

今年観てまだまだブログに書いてない作品がワンサカでございます 💦

その中の一本
MI 5 RougueNation

前作GhostProtcolからの続編
脚本も同じJJエイブラムス

共同執筆で今回は監督の
クリストファー・マッカリー

95年『ユージュアル・サスペクツ』で映画好きのド肝を抜いた監督です
e0166040_14085368.jpg

自然と期待してしまいます
過去の作品でハードルが上がって、期待ハズレは良くありますが
本作はかるーく飛び越えましたね!

正直、個人的にはMIシリーズの中で一番に躍り出ました!
今まではジョン・ウー監督の『MI2』がマイベストでしたが、越えましたね。完全に

ストーリーは前作同様
Teamイーサンハントの活躍です
このスタイルはしばらく続きそうですねー

世界各地で要人を事故などに見せかけて暗殺し、世界情勢を操ろうとする謎のシンジケート、名前は出てきませんがソレが
RougueNation ”ならず者の集団”って意味なのでしょう

米CIAからは無謀な解決方を続けるIMFに対して解体、CIAへの吸収を迫られます
イーサンハントもまた、CIAから”消去” の決定が下ります

そんな中でもRougueNationの本当の目的と、首謀者レーンを追うハント
RougueNationの組織に接触しますが、囚われの身となってしまいます
そんなハントを救ったのが、組織に潜入捜査として入っていた女スパイのイルザ
e0166040_14085431.jpg

スゥエーデン人のレベッカ・ファーガソンが演じていますが
今作をシリーズ最高に押し上げたのは
彼女の存在は大きいです
間違いないです!
かつてスタントではなく女優が演じてコレだけキレのいい対人アクションを観た記憶がありません。
香港のカンフーヒロインにもヒケを取りません!キレキレです!
攻殻の実写化が進んでいますが、スカヨハよりレベッカのアクションは間違いなく上でしょう!
スカヨハも大好物な女優さんですが、コト対人格闘の多い素子役に関してはレベッカがよかったなぁと・・・泣
ココまでやられるとついホンネが出てしまいますww
e0166040_14085404.jpg


しかも超美人ですww
e0166040_14085477.jpg

彼女はクランクイン前には相当なアクションのトレーニングを積んだそうです
ウワサではもう次回作の契約をしたとかしないとか…♪(´ε` )
Teamイーサンハントに加わる設定になると、長期出演となるので期待してしまいます!

見過ごしがちですが、他にも美人が登場します。
MIシリーズで名前が知られ、売れていくパターンも多いですしね。
公開中の『007スペクター』で堂々とボンドガールを演じたフランス人女優レア・セドゥもMIシリーズのOB?OGです(^^)
前作GhostProtcolでは、エージェントを殺し、データを奪う暗殺者とゆう大事な役でした。

そんな経緯もあり、今後この2人からは目が離せなくなります
まず1人め。冒頭のハントが指令を受け取るレコードショップの店員さん
e0166040_14085439.jpg

ハーマイオニー・コーフィールド
イングランドの22歳の女優さんです!断言します!この人売れます!!
調べてみても出演作品がほとんどないのでこれから大ブレイクは必至でしょう!
女優青田買いマニアは絶対にチェックしておいた方がいい‼️(^O^)

2人目はCIA職員で、ハントへの協力を疑われているベンジーにウソ発見器で検査をする役どころのチャン・ジャンチュー
e0166040_14085450.jpg

調べてみたらなんと35歳でした!
全然見えんですよ!バリ美人です!

中国の方でしたが、おそらくは北のロシアに近い方の出身ではなかろうかと♪(´ε` )

毎回スパイ映画につきもののいろんなギミックや、カッコいいガジェットも多数登場します。
カーチェイスも多く、車両はバイクまで全てBMW
今回のカーチェイスのシーンはホント凄いです!
最近はカメラの進歩からか、コレどーやって撮ってんの? ってアングルが多く
接写も多いんで迫力が凄いです。
007スペクターの冒頭のヘリコプター内の狭い空間での格闘アクションなんて、ホント誰がドコからどーやって撮ってんの?
って感じです。
本作もスペクターもImaxシアターで鑑賞しましたが、大迫力でした!!


いろんなシリーズモノの続編公開が多かった2015年
本作も他のシリーズモノに引けを取らない素晴らしい出来です!

退屈な正月テレビに飽きたら是非思い出して下さい!


んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-12 13:10 | 映画

Traffic

こちらもまたソダーバーグ監督にしか撮れないであろう1本
主演 マイケル・ダグラス
e0166040_12372346.jpg



この作品と前出のErin Brockovichで
同じ年に2本監督作がノミネートされ受賞するという快挙を成し遂げています
スゴイですww
本作はちなみに監督賞、助演男優、編集、脚色の4冠

ストーリーはアメリカとメキシコ国境の麻薬カルテルの密輸と戦った映画
実在する人物などをモデルにしながらストーリー真実が多いようです。

メキシコのシーンは全編、黄色がかったスモーキーな画像で
ホコリと乾燥したイメージのメキシコをすごく上手にイメージしやすく表現し
アメリカのシーンはリアルにキレのあるトーンで獲りわけていて、ソダーバーグマジックを感じます


主演は残念ながらアタクシの中ではNO1ダイコン役者のマイケル・ダグラス
e0166040_12372384.jpg

数々の作品を彼がブチ壊してきたのを観てきて、もう彼には何も期待しないようにしました…

古くはブラックレインあたりから彼の演技が嫌いです。下手クソですから…
ハリウッド製作なのに、完全に故・松田優作や故・高倉健さんありきの映画でしたもんねぇ・・・

そんな彼がアタクシの大好きな女優さんの実生活でのダンナです 泣
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
e0166040_12372307.jpg



本作にも逮捕された麻薬密売人の墜落してゆくセレブ妻役で出演しています
全体的にふっくらしているのは、妊婦の設定であるのか、処方された抗鬱剤の影響かはわかりません。



本作で助演男優賞を獲ったベネチオ・デル・トロ
これもまたラテン系の彼にしか出来ない怪演でした・・・
e0166040_12372444.jpg



ちなみに彼は007出演者(消されたライセンスのダリオというチョイ役)として二人目のオスカーホルダーとなりました
最初は初代ボンドのショーン・コネリー(1987 アンタッチャブル 助演男優賞)
ちなみに次の2001年にはハル・ベリーが(チョコレート)で主演女優賞を獲りますから、現在007シリーズでのオスカーホルダーは3人です



麻薬を撲滅するために国を代表して活動するマイケル・ダグラスの娘がガチのドラッグジャンキーだったり
ダンナが捕まり、証人として立つ予定の組織の末端売人の殺しを奥様が依頼したり
所轄の刑事ではどうしようもない大物とのやりとりだったりと
リアルなエピソードは流石に実話ベースかなと。。。

ロス、ワシントン、メキシコに分かれていろんなストーリーが同時進行しますが、それらを上手に一つのストーリーに仕上げるのは、もうコレこそ!ホントにソダーバーグマジック!
名作ですな!

んなマタ
May the force be with you

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-07 12:26 | 映画

Erin Brockovich

スティーブン・ソダーバーグ監督
ジュリア・ロバーツ主演
e0166040_11324923.jpg



先日、ソダーバーグ監督が監督業からのリタイアを公表してから何も音沙汰がないのでモヤモしておりますので、過去の彼の名作をちょいちょいと 泣


こちらはオスカーも受賞し彼のキャリアに輝かしく君臨する1本 

Erin Brockovich

ざっくりなストーリーは
何も持たない3人の子持ちのシングルマザーが約330億の損害賠償を勝ち取る話です
e0166040_11324915.jpg




アメリカの巨額訴訟の先駆けになった実話です。
主演は当時30代前半で女盛りのジュリア・ロバーツ

なんで女盛りって表現を使うかと言うと、全編エリンの衣装がSEXYなものが多く

作品中も、「本気で働くならそんな恰好はやめたほうがいい。」
とたしなめられますが
「イヤよ。ヒップがタレないうちは好きな格好でキメるわ」とイカス台詞もあります 
e0166040_11320380.jpg




しかし、裏を返せば彼女のおおよそ法律家とは無縁の露出の多いスタイルのおかげで一般市民から信用され、彼女になら・・・ってひとが多数いたんだろうなぁと

実際の Erin Brockovichさん本人もかなりキテおります 
e0166040_11320371.jpg




このご本人、今は環境活動家として活躍されているようです
実は映画にもウエイトレス役でカメオ出演しています
e0166040_11320304.jpg



法律とは無関係なところで生きてきた彼女だったから、成し得た偉業なのだ。
という部分をすごく上手に表現しています。さすがはソダーバーグマジック!!

プリティウーマンで注目されたジュリア・ロバーツですがアタクシは彼女のキャリアハイは断然本作だろうと思っています。
実際、主演女優賞のオスカーも獲り、ギャラもズドンとハネ上がりました。
今や総資産160億とも・・・

周りのサポートもすごくいいです。隣に引っ越してきたハーレー野郎ジョージがパートナーになるわけですが彼がスゴクいいヤツなんです。
e0166040_11320372.jpg


彼女と子供たちを献身的に支えるんですが、自然に自然にふるまえる。いい男です



彼女と共に企業と戦う弁護士エドワードも包容力がすごいです
e0166040_11320445.jpg

つーか振り回されての結果オーライなんですけどねww
しかし、彼がエリンの自由奔放なスタイルを認めて、彼女に接していなかったら
この話は実現していません。
一般社会で順応してもいないアバズレシングルマザーを雇い、社会的にポジションを与えることはなかなか出来る事ではなかろうと思います


数々の偶然と、彼女の人柄と、周りの愛情が生んだ奇跡のストーリーを極上のソダーバーグマジックで味わえる傑作


いい映画です


んなマタMay the Force be with you
[PR]
by mochi-moon | 2015-12-07 11:24 | 映画

Pawn Shop Chronicles

邦題 スティーラーズ
監督 ウェイン・クラマー

e0166040_13553372.jpg

ポスターを見ると、さもアクション大作か!なんて思いますが全くもって全然アクションでもミステリーでもホラーでもないです 笑

一軒の質屋が3つの異なるストーリーを繋げるキーポイントになります

金の無いヤク中の3人組はヤクの製造工場
を襲撃しようと日中の空地に集合を予定します。
だが、3人組の一人ヴァーノンは集合場所の空地に行く途中、車のガソリンがもたない事に気付く。しかし所持金は無い。
仕方なくハイウェイ途中の質屋に襲撃用のライフルを売ってしまう 笑
もう、この辺からポスターなどからカモシ出されるハードボイルドな雰囲気はフェイクだった事に気付きます 笑

ホントどーしよーもなくおバカなんです
3人組がww
その一人を演じるのが、故ポール・ウォーカー
e0166040_13553422.jpg

ワイルドスピードが当たり役でしたが
断然こっちの役が好演技です!
まぁワイルドスピードは演技なんてほぼ必要とされないでしょうからねぇww
ヴィン・ディーゼルなんて何の役やってもヴィン・ディーゼルですから 笑

もう3バカトリオのやり取りはハラがよじれる程笑いました!
特にポール・ウォーカーが襲撃に際してピエロのマスクをかぶるんですが、ソコのシーンは、もう確実に今年最高に笑いコロゲました!!

e0166040_14003745.jpg
彼には失礼ですがホント彼の演技力をみなおしました!
上手い役者さんだったんだなぁーと。。。事故がホントに悔やまれます




もう一つのストーリーはハネムーン途中に口座凍結され、現金に困り、指輪を売りにやってくるカップルをマット・デュロンが演じます
彼はアウトサイダーやランブルフィッシュ、ドラッグストアカウボーイなどの影響か、僕個人のイメージは完全に永遠の青年役!でした 笑

最近は『クラッシュ』以降、シリアスなオジさん役がハマって見えます

今回の設定は、新婚なのですが、実は再婚
前妻は、失踪してしまい、仕方なく再婚した設定です
で、現金が必要になり質屋に立ち寄る訳ですが、ソコで自身が前妻に送ったネームを刻み込んだリングを見つけてしまいます。
前妻の思いを断ち切れていないデュロンは、リングを仕入れた過程から前妻を探す事を決意します。
e0166040_13553493.jpg


で、たどり着いたのが
女性をマインドコントロールし、ペットのように扱い、一夫多妻ワールドを築き上げていた変態男ジョニー

コレがなんとイライジャ・ウッドなんです 笑
e0166040_13553480.jpg

彼が出てくるとは!
予備知識無しでタマタマ観たんで、メッチゃ驚きました!
しかし、イメージとは怖いもので、もうホビットにしか見えないんです 笑

3つ目は落ち目のプレスリーのモネマネ役者が、一文無しになり命の次に大切にしていた、ホントにプレスリーが使っていたとされるメダルを売りに質屋に現れます。

そのポンコツプレスリー、リッキー役には
ブレンダン・フレイザー
e0166040_13553485.jpg

コレは結構好演技です!
最初、誰だかわかりませんでした。
彼もまた変装が無かったら、イキナリ砂嵐がやって来て、砂の兵士と戦ったり、ピラミッドが出てくる展開にしか思えない存在になったでしょう 笑

最後には3つが重なるストーリーなんですが、残念ながらちょい強引
パルプフィクションのようには行きません

でも、何の期待も無く観れば十分に面白いです。
個人的には最初の3バカだけで満腹です 笑

そんな雑感でいい感じの一本でした

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-12-06 12:02 | 映画

エリジウム

ニール・ブロムカンプ監督
e0166040_15170421.jpg

大気汚染や人口増加で環境が悪化した地球を離れ、富裕層は衛星軌道に建設されたスペースコロニー ”エリジウム” で生活していた。高度な科学医療は発達し、富裕層たちは病気、ケガなどから解放され、水と緑溢れる環境で何不自由なく暮らす。。。地球に住む人々は移民とされ、コロニーに入る事は許されず、環境の悪いスラムのような地球で富裕層に憧れて生きていた。

元自動車泥棒のマックス(マット・デイモン)は厚生し、ドロイド工場で働いていた。
そんな時、機械トラブルから致死量の照射線を全身に浴びてしまい、余命5日と宣告される
マックスはエリジウムにある医療ポットに入れば完治出来る事を知り、かつての悪仲間のスパイダーにエリジウムへの切符と引き換えに、エリジウムの富裕層を誘拐し、脳内の口座情報やあらゆるパスワードを抜き出す事を約束される。

そこでマックスは自分を照射線まみれにして放り出したドロイド工場アーマダイン社の社長カーライルをターゲットにする。

そのカーライルは、エリジウムの管理システムを構築した人物だった。
現政権にクーデターを仕掛ける為に、その管理システムを書き換えて政権を奪取しようと目論むのは防衛庁長官のデラコート(ジョディ・フォスター)
業績不振のアーマダイン社に長期契約の条件で、管理システムの書き換えを要求するデラコート。。。カーライルはその要求に屈し、システムを書き換え、自らの脳内にバックアップをし、後はエリジウム本体で書き換えを行う為にエリジウムに向け出発する
そこへ、カーライル脳内の金融データを狙ってマックス一味が襲い、データを抜き出したが、カーライルは流れ弾に当たり死んでしまう。

デラコートとしては、何としても管理システム書き換えデータを取り戻さなければならない。
地球に配置しているエージェントのクルーガーを回収に向かわせる
クルーガーに襲われた一味は全滅、マックスも瀕死の重傷
そんなマックスを救ったのは、かつて孤児院で一緒だったフレイだった。
マックスの脳内データはスパイダーによって閲覧され、とんでもないモノを脳内に持っている事がわかる。
マックスは自身の治療の為、エリジウム側とデータの交換を申し出る。


ってのが大まかなストーリーですが
ブロムカンプ監督らしい
スラム街、差別が根底にありますねw
前作、『第九地区』もそうだったけど
自身の南アでの若年期がカナリ作品に影響与えてるのは間違いない

ジョディ・フォスターも久しぶりです
e0166040_15290514.jpg

クーデターの首謀者役がハマり過ぎww

終始スーツ姿ですが、ビルドアップされたふくらはぎが凄い…
とても53歳とは思えない
自身も同性愛者を公言し、同性結婚もしているので男役に徹してるのかな ww

マット・デイモンはボーンシリーズでアクションは得意分野だろうが、今回も凄い
e0166040_15334944.jpg


いい俳優さんだね

ブロムカンプ監督のはラストで必ず何かを考えさせられる

人間の生きる上での権利
富裕層との格差社会
誰かの犠牲でみんな生かされていること

深いす…( ;´Д`)



いい監督です

まだの人は是非
んなマタ
May the force be with you003.gif
[PR]
by mochi-moon | 2015-12-05 14:31 | 映画

007SPECTER

先行上映に行って来ましたばい

e0166040_11244516.jpg

3年振りの007はイヤでもテンション上がるぅ♪(´ε` )

監督は前作スカイフォールからのサム・メンデス

前回エピソード0的なスタンスに戻った007シリーズ
ボンドの生い立ちに絡めて展開されるのは
ジェームス・ボンドにとって切っても切れない相手。。。ブロフェルド

実はジェームス・ボンドは過去に一度だけ結婚しています。
e0166040_11265146.jpg



その結婚式の後、ハネムーンに出掛けようと車で走り始めるジェームス夫妻
ソコを攻撃して奥様のトレーシーを射殺してしまうのがボンド生涯の宿敵ブロフェルドです

そんなアンハッピーなラストシーンで終わる珍しい作品が『女王陛下の007』
e0166040_11292584.jpg


現ボンドのダニエル・クレイグをも凌ぐハードボイルドなボンドがカッコ良かったジョージ・レイゼンビー
残念ながらこの一本しか出演しませんでした。。。ハードボイルド過ぎてハード&お色気の007とは掛け離れた為のようです。モッタイない…(≧∇≦)
しかし、近年では評価の見直されてる一本。
アタクシもシリーズから3本選べって言われたら必ず選ぶ一本です。。。( ´ ▽ ` )ノ


で、次作の『ユア・アイズ・オンリー』
e0166040_11244543.jpg


その奥様のお墓参りのシーンから始まります
まだまだロジャー・ムーアがスマートな頃の初々しいファーストシーンですww

そのブロフェルドとゆう大悪党ですが
シリーズでは版権の関係で余りにもショボい消え方をされて、長きに渡り登場することはありませんでした。
しかし、エピソード0に戻したならブロフェルド無しには進められん!
って製作陣の意気込みが嬉しいです!
版権の問題は長くなるので割愛しますが
イオンプロ!良くやった!って感じのオールドファンは少なくないはず
証拠に劇場も薄い頭髪が目立ってましたww

そのブロフェルド率いる犯罪組織の名前が今回のタイトルの『SPECTER』
亡霊って意味です!なんて断言しちゃってる若いファンのブログもありますが、『SPECTER』の本来の意味は

the Special Executive for Counterintelligence, Terrorism, Revenge and Extortion

確かに実態のつかみにくい犯罪組織とゆ意味では合っていますが正式名称はコチラです。お間違えなく(・_・;
亡霊とゆー意味だけではないです

元々メンバーは22名で、みんな自分の犯罪組織を束ねるボスの集まりです
今回もローマでの会議のシーンがありますが、昔も良く会議をしてて利益の分配など話し合いをしていました

まだ一般公開されていないのでストーリーは書きませんが
ブロフェルドをそーゆー位置に置いてボンドと絡めるのかーホウホウと♪(´ε` )
ちょっと驚きのエピソードです。




驚くといえば現在の製作陣は思い切った事をします。


あの麗しき名秘書のマニー・ペニー
e0166040_11244514.jpg


が、なんと狙撃の名手で現場のエージェントだったと!前回のスカイフォールから変更になりました
e0166040_11244515.jpg

しかも黒人ですからね…(・_・;

もう何をされても少々の事じゃー驚きませんばいwww

でも、ちゃんと父であるアルバート・ブロッコリの意思を継いでイオンプロが!娘のバーバラがやってる所が万歳三唱なワケです!
他の人が入ってグチャグチャになるんではなく、ちゃんとイオンプロとしてスクラップ&ビルドしてるのが素晴らしい




ボンドガールは久々の金髪美女ですばい!

レア・セドゥ
フランスの女優さん

彼女の名前を知ったのは
MI-4 Ghost Protocolの冷血な殺し屋
サビーヌ・モロー役
e0166040_11244622.jpg

なんじゃコノ美女は!
と、検索して覚えてました

最近では名優揃いと、ストーリー、手法でヒットした『グランドブタペストホテル』のメイドさん
e0166040_11244630.jpg

コレは正直、気付きませんでした!

アタクシの周りの映画好きも見落とし多数でしたww

今回は歴代ボンドガールの中でも
1.2番のいい女っぷりです

ドクターとゆう役柄もあり、最初から超ナチュラルメイクです。わざとらしいくらいにドスッピンです
それが、寝台列車の食堂車に
シンプルなボディラインくっきりのドレス姿でバッチリメイクで現れた時の対比でしょう
e0166040_11244665.jpg

こんな感じなんですが
目が覚めると同時にタメ息が出ます…(・_・;

やっぱ007には金髪美女やな!とww





ボンドカーも史上最高にカッコいいかもしれません

かつてのアストンDBシリーズと比べるのはカテゴリーが違うと感じるくらいのスーパーカー

アストンマーチンDB10

e0166040_11244663.jpg

コチラもまたタメ息もんです…(・_・;
追いかける適役のジャガーもまたタメ息

ローマの石畳を壮絶なカーチェイスです!

そして、またまた恒例に惜しげもなく壊れます 泣
レンジローバーもディフェンダーもみんな壊れます…(・_・;

昔はボンドカーは壊さなかったんだけど
一時期大人の事情でBMWがスポンサードしてる時期があって、ボンドカーもBMWが3代続きました。
イギリス人がソレを良しとせず、壊しまくってからの伝統が出来上がったとゆー噂ですwww
アストンマーチンは2006年以降フォード傘下なので同じグループのジャガー、ランドローバー、ディムラーなどしか使われないオトナの事情もあります

話はSPECTERの事はほとんど書けませんが、コレはヒットします。断言します。
もう、勧善懲悪なボンド映画の復活です。
ちゃんと原作者イアン・フレミングが最初に書き下ろした『カジノロワイヤル』からボンドが最初に結婚を考えた女性
ヴェスパー・リンドーとのエピソードもあります!

ちなみにボンドが酒の場などで頻繁に注文する
Vodka Martini. Shaken, not stirred". というセリフ
ステアせずにシェイクだけのウォッカマティーニは
ヴェスパーと名付けられています
彼女が由来です♪(´ε` )
ロジャー・ムーアの時代はこの台詞も無いし、「バーボンを氷なしで」と注文します
なんがイギリス紳士がバーボンやろかて! 
せめてシングルモルトのストレートやろーもんと。。。だからアタクシはムーアのボンドが嫌いです

話はソレましたが、他にも過去のオマージュが

砂漠に迎えにやってくるシルバーレイス(ロールス)はかつてゴールドフィンガーが乗っていたもの。。。かも

Drスワンの勤務する療養所は、
かつて『女王陛下の007』でブロフェルドが細菌兵器を製造していたアルプスの施設のオマージュでは。。。なかろうかと
他にも『死ぬのは奴らだ』のラストシーンや『サンダーボール作戦』の船着き場など・・・


今迄のシリーズを観てないからなー
と、足が遠のいていたアナタも大丈夫
わかりやすいストーリー
しかもオールドファンも泣けるストーリーと過去のシリーズのオマージュも盛りだくさん!




12月4日公開ですばい!!!

SWもいいけど、ボンドもね♪(´ε` )

んなマタ
May the force be with you003.gif




[PR]
by mochi-moon | 2015-11-29 10:08 | 映画

District 9

やっとチャッピーを観れたんですww


チャッピーの前に監督ニール・ブロムカンプの映画キャリアの始まり
第9地区(District 9)から
e0166040_15135380.jpg

舞台は南アフリカ、ヨハネスブルグ
かつては人種隔離政策 アパルトヘイトのメッカ
そんな場所で白人として生まれ
いろいろな思いが、人類とエイリアンの共生におけるパワーバランス、イニシアチブの重要さを描いたんだとか

今までのエイリアン映画は
わー異次元からエイリアンが攻めてキタぞー
武器を持てー
ってエイリアンってどんな奴だーー
ジャカじゃーーン!ついに姿を現したー!


ってストーリーが多かったけど
この映画はそもそものコンセプトがまるで違う
エイリアンは普通にヨハネスブルグで生活してるから。。。笑
第9地区として隔離はされてるものの
ちゃんと居住権も認められている
そんな彼らを、MNU(超国家機関)が管理してるのだか、エイリアンは増える一方で第9地区が手狭になり、暴動、略奪、殺人も起き始め、MNUは更に狭い第10地区への移住を決める。
そんなエイリアン達に移住に対する承諾書にサインさせる為、エイリアン課のヴィスカスは部下と共に武装して第9地区に乗り込む
そんな中、エビとスラングで呼ばれる彼らエイリアンのクリストファーの自宅にやって来たヴィスカス一行
それが悲劇の始まり…

e0166040_15135449.jpg

ってストーリーです

エビ達はかつての南アフリカの黒人達への揶揄かな
狭く不潔なスラムに隔離され自由もない
実際にケープタウン第6地区の強制移住政策を題材にしているらしいです

18歳まで実際にヨハネスブルグで育ったブロムカンプ監督の伝えたかった事かも

脚色賞でオスカーも獲った衝撃作

チャッピーの前に是非

んなマタ
May the force be with you003.gif




[PR]
by mochi-moon | 2015-11-15 14:49 | 映画

Side Effects

ジュード・ロウ繋がりでもう一本 笑
Side Effects サイドエフェクト2013公開
e0166040_18490252.jpg

セックスと嘘とビデオテープ 89年公開
e0166040_18490228.jpg


低予算インディペンデント作品ながらヒットした作品でデビューしたスティーブン・ソダーバーグ監督
以後、オスカー作品『トラフィック』
『エリン・ブロコビッチ』『オーシャンズシリーズ』『チェ 28歳の革命』などアタクシの好きな作品を沢山撮ってる好きな監督です
そのソダーバーグ監督が本作を最後に監督業からはリタイアするとの事で注目された作品だった

華々しくセレブな生活を送る幸せ絶頂な若き夫婦
そんな中イキナリ旦那のマーティンがインサイダー取引により拘置所送りに
若き妻のエミリー(ルーニー・マーラ)は家も、職もセレブ仲間も全て一瞬にして失う
心労からうつ病と診断され、引っ越し先でも精神科医のバンクスに診察を受ける
投薬しても彼女のうつ症状は収まらず、自傷行為を続ける
そんな中、バンクスは新薬の治験もかねてエミリーにも承認を得て新薬アブリクサを投与する。彼女の身体に合ったのか次第に本来の姿を取り戻しつつあるエミリー
だが、新薬には副作用として…

って感じで後はネタバレになるんで観て下さいww

久しぶりにいい意味で狐につままれたような映画ですばい!
ソダーバーグ監督はテンポの速い映画が多いけど、本作もすげー速いw
途中でちょい戻して観たくなる
でも、その少しの説明不足が毎回のソダーバーグマジック!
ラストは見事に繋がる訳です

ルーニー・マーラはドラゴン・タトゥーの女で天才ハッカーのリスベット役で大注目された女優さん
e0166040_18490385.jpg

今回はガラっとセレブな奥様役なんですが
おしとやかさの中の狂気は素晴らしい演技

彼女の担当医で大トラブルに巻き込まれる精神科医バンクスがジュード・ロウなんですが、彼のキャリアでは一番いい役かも

エミリーの前担当医で大切な役どころの精神科医にキャサリン・ゼタ=ジョーンズ
彼女はガチでのうつ病をカミングアウトしてたからちょい心配でしたが、本作では元気に悪女役をやっとりました
e0166040_18490319.jpg


いい意味で裏切られまくる本作
ちょいじっくり映画を観たい時にはオススメの一本です

公開前はソダーバーグ監督の最後の作品とウタってたが
この後もう一本撮ってるし…(^^)

まーそんな事はどーでも良くなるよーな怪作ですばい

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2015-11-14 18:17 | 映画

Sherlock Holmes

『コードネームUNKLE』公開を記念して

シャーロック・ホームズをww


コードネーム…は鑑賞した人達の意見では
ガイ・リッチーらしさが十分に出たエンターテイメント作品らしいですよ

さてさてホームズ君は
2009年に公開されたガイ・リッチーがホームズを撮るとこうなる!って感じです
e0166040_13372490.jpg

ガイ・リッチーと言えば
Lock, Stock and Two Smoking Barrels (1998) 監督・脚本かなー

凄く斬新だったなー
イギリスの人なんやけど、ロンドンの街並みの撮り方が暗いイメージが出てて好きだなー
ロンドンと言えば曇り空と石畳w
007シリーズもピアーズ・ブロスナンの頃はロジャー・ムーアのような派手路線で
ロンドンの街並みがリアルに描かれる事は少なかったが、ダニエル・クレイグになってからはロンドンの暗さ、英国紳士とはみたいな部分を描いてて好きです( ´ ▽ ` )ノ

やっぱりロンドンは雨か曇り空ww行った事もないし、勝手なイメージですけど(^^)

ホームズ&ワトソンの名コンビには
今や最も稼ぐ俳優ロバート・ダウニーJr.と
ジュード・ロウ
e0166040_13372443.jpg


ガイ・リッチーとロバート・ダウニーJr.の組み合わせはアリだね!
ガイ・リッチーの洒落たセリフ回しがイメージに合ってる
ジュード・ロウのコミカルさもいい感じ

ストーリーは黒魔術を操り、大英帝国の世界的復権を企むブラック・ウッド卿の悪事名コンビが暴きます

こうゆう勧善懲悪モノはいろいろな事に注意しながら観なくていいので楽でいいw
最近の映画はやたらと伏線があったり、精神世界のいろんな解釈が出来るヤツだったり疲れるのもある。
やっぱりエクスペンタブルズとかREDとか明快なのが楽でいいw

2011年には続編のSherlock Holmes: A Game of Shadowsも作られているガイ・リッチーのホームズシリーズ
原作者コナン・ドイルはどう思うかわからんけども、こんな軽いホームズもアリだと思います!



んなマタ
May the force be with you003.gif


[PR]
by mochi-moon | 2015-11-14 13:06 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30