カテゴリ:映画( 134 )

大変ですばい…


ローグワンの事を書き忘れてます

e0166040_16125930.jpg








こりゃイカんです


スピンオフ作品ってコトで
公開当初は完全なノーマーク


観終わってみりゃー



史上最高のスターウォーズ



エピソード8まできましたが

未だにローグワンがダントツ最高

他の作品は続きとかの流れで
起承転結が曖昧な作品もある

コレは厳密に言うと
エピソード3『シスの復讐』で

ダースベイダーが誕生して
帝国が力を増し
最強兵器 デススターを開発する

こりゃイカんとレイア姫はデススターの設計図を入手し、姿を隠してるジェダイの生き残りオビ・ワン・ケノービに託す

の部分から始まるのが
エピソード4の『新たなる希望』

その設計図を入手するために帝国に潜入するチームがローグワン

つまりエピソード4の直前の話


デススターの主要開発者のゲイレン
e0166040_15193473.jpg
いかなりマッツ・ミケルセンでビビるw

彼は帝国に復讐するため
設計段階でデススターにとって致命的なバグを仕込む
コレはデススターの弱点で
のちにルークが破壊するコアの部分

その情報が漏洩したのに気づいた帝国は
ゲイレンの隠れている場所に探してやってくる

ゲイレンと妻はなんとか娘のジンだけは逃すことに成功した

ジンは無法者となり同盟軍に捕らえられていたが、漏洩情報を握る父の旧友ソウの元へ同盟軍のアンドーと共に説得に向かわされる


ソウがフォレスト・ウィテカーでまたビビる
e0166040_15332387.jpg


道中、
盲目の戦士チアルートとベイズに出会う
e0166040_15262690.jpg
コレまたドニー・ウェンで3度目の驚き‼️


e0166040_15264996.jpg


彼はデータのありかを聞き出す事に成功し、奪還し同盟軍本部へ送るため

奪還チームは"ローグワン"を結成し
惑星スカリフへ向け旅立つ


もう序盤で豪華な配役にビビりまくりですよ

流石はディズニーでございます

連続シリーズものはイメージの固定から
大物俳優は避ける傾向にあるが
コレはスピンオフの単発だから
オファーをする方も受ける方もし易かったのかもね

とにかくゴージャスですわw


ストーリーは単純で
データを盗みに潜入するだけの話


しかし、元々同盟軍本部からは承認された作戦ではないので援軍はない

有志一同だけでの戦いです

この辺の気概と言いますか
戻って来られる保証はないが
それでも行く

って心意気が感動を誘うワケです

実際、アタクシは劇場での初見は
終盤30分、嗚咽しながら涙しましたw


ジンとアンドーのお供は
元帝国のドロイドK-2SO
e0166040_15531123.jpg
彼なくしてローグワンではありません

元々同盟軍のドロイドで、同盟軍に再プログラムされた彼は
スターウォーズ史上最高のドロイドです

他にもR2や3PO
最近ではBB8と愛されキャラのドロイドはいますが

彼ほど人間を理解し
情を持ったドロイドは存在しません

彼は名誉の戦死を遂げますが
その場面が後半の泣きモードの始まりですw


チアルートとベイズの2人もローグワンには必ず必要です

盲目の戦士チアルート役ドニー・ウェンはガチのカンフーの達人ですから
キレっキレの殺陣シーンは当然です

そのスキルに加え
彼はフォースの概念を信仰しています

セーバーを持っていない所から
彼本人はジェダイではないと思われますが
終始フォースの概念に従って行動します

ソコがまた涙、涙…

マスタースイッチを入れる為に
砲撃の嵐の中
彼が立ち上がるシーンなぞは
涙と鼻水で凄いことになります

他も
ベイズさん
帝国脱走兵ながらローグワンに参加したパイロット
数々の涙、涙の最期です


ちょっとネタバレになるんですが

結果、誰も生き残らない訳ですよ

ローグワン全滅です

しかし、この事実はローグワンのメンバーは最初からわかりきったこと

e0166040_16114354.jpg


もうね
ダメです

涙腺崩壊です


彼らを突き動かすものは何か

劇中のセリフにもはっきりあります

『同盟軍は "希望" の元に戦う』

そう

希望です


この希望とゆーキーワード

次のエピソード4

『新たなる希望』にしっかりと繋がっています

その繋がりは
ストーリー的にもキッチリしていて

終盤ベイダー卿が同盟軍の運搬船にデータを取り戻しに現れます

そう
エピソード4の冒頭のシーンです


レイアがR2に託すホログラムのシーンもしっかりあります


ちゃんと全て矛盾がないのです
完璧にピースを埋めています

コレはおそらく

イヤ絶対

監督のギャレス・エドワーズのスターウォーズ愛に違いありません


新シリーズを手掛けるエイブラムスにギャレスさんの爪の垢を煎じて飲ませたいです

奴のスターウォーズは全てブチ壊して
ドンパチを派手にしただけのB級アクション映画

少しはギャレスさんの愛を見習って欲しい
ホントにスターウォーズが好きな人が撮ると、観てる方もわかるくらい細部に愛情が溢れます



商業主義のディズニーとエイブラムスに魂を売り渡したルーカスの一発逆転の最高傑作


ROGUE=反乱者

帝国にも同盟軍にも反乱したならず者の集団の悲しくも勇気に溢れた超傑作

語りたいことはまだまだチョモランマのように高々と積み上げられていますが

キリがないのでこの辺で…


ブログ始めてからハヤ10年
常に文末には
May the force be with you
とフォースのご加護を伝え続けてきた
スターウォーズ歴40年のオッさんが
声を大にしてもう一度言います

コレは間違いなく

スターウォーズ史上


最高の作品です


是非ともお見逃しなく



んなマタ
May the force be with you


[PR]
by mochi-moon | 2018-03-25 14:59 | 映画

そろそろアタリだろうと

また懲りずにマーベル

もう確信犯でつまんなさを楽しむ方向にしましたです。アタクシ

あんなにマーベル好きやったのに…😩


さてさて

もうタイトルからしてイカンですな

バトルロイヤル…
e0166040_00334818.jpg








今回は壮大な姉弟ゲンカでございます

ソー&ロキ vs ねーちゃんのヘラさん
e0166040_00352852.jpg


コチらヘラさんですが
ノーヒントで誰かわかる人がどれだけいるだろか


e0166040_00385685.jpg

ボディラインぴちぴちのスーツでキメたスタイルはとても3人の子持ちとは思えない

セレブだからお金かけてトレーニングしてるんでしょうw


アタクシは好きな女優さんだすが
誰だかわからず
終わってクレジット観てブッとびました


答えは

コチラ


e0166040_00412151.jpg
そう

ケイトねーさんです

オーストラリアを代表するオスカー女優

ケイト・ブランシェット

全くわからんかった…

彼女はクールな役が多いイメージが強いけど
主演女優オスカーをゲットしたのは
ブルージャスミンのダメウーマンだった

でもやっぱりケイトねーさんはクールな役が似合う

ヒールな役も多く
最近はラスボス的な扱いもチラホラ

彼女のヒールの代表と言えば
e0166040_00465291.jpg
インディージョーンズを追い詰めるロシア将校



アビエイターのディカプリオの相手役もまぁまぁ良かったケド

やっぱりケイトねーさんはクールビューティ

彼女くらいしか
今回見所
全くありません…



つーか今回は
強すぎるんです。ヘラ姉さん

もうレベル違いすぎて興ざめです

今まで幾多の宇宙の強敵を
バッタバッタとなぐり倒してきた
ソーのハンマーを
初顔合わせで
イキナリのワンハンドクラッシュ!
e0166040_00523287.jpg

片手であっさりと粉々にしますw

なんじゃ
その設定は…

いくら危険過ぎる為に父親に封印され、長年閉じ込められていた設定でも


バランスっちゅーもんかあるでしょうに




そして武器を失ったソーの武器は

なんと


カミナリ…😩



自由にカミナリを扱い
落としまくります


もう世界観はすっかりX- MEN


アベンジャーズにマグニートーの娘のおる時点で世界観はメチャクチャですが


生身の人間がいくら武装してもミャータントに勝てるかなと


ソー師匠の場合
今迄ただのハンマーぶんぶん野郎だったのですが

今回はソレを思い出させる為のハンマー壊しだったのか


見事に "神様" だった事を思い出し
カミナリ落としまくりです


ソレが出来るなら
今迄の戦いは何だったの?
って小さい子なら絶対に疑問に思います



もう設定もクソもない
ハチャメチャなコメディ要素満載です



ロキもなんかノリの軽いにーちゃんに変貌しとります


前作2本には出てた
ナタリーポートマンが降板するのも頷けます
e0166040_01081727.jpg

くだらねぇ設定にダメ押ししてくれるのが緑の巨人さん


囚人としてとらわれアベンジャーズに参加出来ず
囚人どうしのバトルロイヤルの王者と君臨していたっつーブっとび設定です



まずマーベルのキャラがおかしくなったのはハルクが最初ですから


インクレディブル・ハルクではエドワード・ノートンが見事に悲壮感いっぱいの孤独なヒーローを演じました


マーベルサイドは当たり前にそのままノートンがアベンジャーズまでハルクをやると思ってたんだろうけど


ノートンはあっさり1本で降板します


で、連れてこられた今のおっさん

ブラックウィドーに恋をする残念なオヤジです


全く魅力のないキャラになりました


今回も空気読めず暴走ばっかり



もう何がどーなっても
怒りも驚きもないマーベル



好きだったのになぁー


残念で仕方ないですね



んなマタ
May the force be with you

[PR]
by mochi-moon | 2018-03-24 00:31 | 映画

e0166040_00160884.jpg







最近イヤ気がさして

ご無沙汰のマーベルものです



その全く期待していない感じで観ても

あーー
やっぱりやってくれたかと


そもそもアベンジャーズにいきなり
説明なく入ってきて

急に中学生の設定に…


トニー・スタークとの幼稚なやりとりで
子供扱い全開でした


今回も同じ流れで
到底ヒーローとは思えない

人の物は自分のもの
壊そうが迷惑かけようが
まだまだ稚拙なヒーロー見習いだから許してね
でも人々の為になりたいんだ僕は!


な設定です


スパイダーマンと言えば
誰にも正体は明かさず
恋人にさえ打ち明けられずに

でも危機がせまって葛藤に悩む
悲壮感いっぱいのクールな青年のキャラだと思います


子供の遊びの延長でヒーローごっこ
キックアスとなんら変わりない

コメディ要素が多過ぎるのも真剣に観る気が失せます

トニースタークのいい加減な感じと
軽すぎるノリの中学生の最高につまんない漫才を延々と観させられる感じです


もう安っぽーーーいアメリカンドラマを2時間観せられます


親友、同居のおばさん、相手のボスにまで正体がバレる…😩
なんじゃそりゃ
アホなの?スパイダーマン




なんでもスクラップ&ビルドがハマる訳ではありません


旧作のいい部分は残して
ちゃんとリスペクトをしつつ
新しい部分を足して行くのが納得いくのではないでしょうか


スターウォーズやスタートレックのJJエイブラムスと同じです

ぶっ壊しすぎで何も産んでないです


ブレードランナー2049のビルヌーブさんや、ローグワンのギャレス・エドワーズを見習って欲しいなぁ


もう本シリーズはアイアンマンのスピンオフって位置付けとしてしか思えない内容になってます


完全な個のヒーローとしてのスパイダーマンはアベンジャーズが続く限り見れないんでしょうねぇ


ホント最近のマーベルは劇場に足を運ぶ気にもなれません



残念すぎます


んなマタ
May the force be with you



[PR]
by mochi-moon | 2018-03-23 23:52 | 映画

ネットの余計な情報を入れたくなかったんで初日に観てきた
e0166040_16240020.jpg




観終わりの第一印象は

やっぱりもう


SWは過去の6作とは違うもの…


オッさん達が子供の頃
ワクワクしながら映画館で何度も観た
スペースオペラの大作




前作から生みの親ジョージ・ルーカスが
ディズニーに権利譲渡し
彼は製作の一線から退いた


前作の監督はJJエイブラムス
脚本はエイブラムスを含め3人
製作総指揮にルーカス

残念ながらルーカスの作り上げたスペースオペラの超大作を

"ただの賑やかなだけのCG満載のハリウッド映画"

に見事にテイストチェンジしてくれた


そして今回
監督、脚本ともにライアン・ジョンソン

製作総指揮はエイブラムス含め3人

ジョージ・ルーカスの名前は何処にもない

こりゃどーかなーと不安8割だったが

もう見事なくらいに別の映画

コレはSWではない
断言します

ルーカスは黒澤明をリスペクトし
日本映画の"叙情"や"ワビさび"、"静と動"や"師弟愛"を見事にハリウッド流にアレンジした

登場するキャラクターも
日本の甲冑や日本語や日本の武道をイメージさせる物が多かった



流石はエイブラムスやね

もうただのCG満載のドンパチ宇宙映画

スタートレック同様

ものの見事にシリーズ崩壊

ここまでくればアッパレ

主要キャラもぜーんぶ排除して

次回はもうタイトル変えたがいいんじゃねーの?って勢い

ベン・ソロに言わせたセリフに製作陣の意気込みが伺える
『これからは俺達が新しい秩序を作る』

はいはい
もう結構です

オッさんは家でゆっくり過去の作品でノスタルジーに耽ります 泣

『ローグ・ワン』のギャレス・エドワースが1000倍素晴らしいわ
彼のスピンオフは愛情に溢れていた
叙情に溢れていた
だから感動した

エイブラムスが関わるとロクな事なし
シリーズものの常識



情けないのは
映画評論家の連中

当然ディズニーは敵にしたくはなかろう
しかしソレにしても
過去最高傑作とか、素晴らしい脚本とかアホな評論ばっかり並べやがる
食って行く為には仕方ないんだろうか

アホらし


ブレードランナーの続編にはきっちりと前作に向ける愛情とリスペクトに溢れてた。そこに自分達の時代を主張するエッセンスを上手に溶け込ませた

SWの続編には過去の作品をブチ壊して
新たなモノを作り上げるんだ❗️ってファンをフルスイングで無視した自己顕示欲しか感じない


たった一点だけ良いトコをあげるなら
ヨーダの登場シーンでパペットのヨーダをCGで再現した事
e0166040_15073599.jpg

年老いたルークをヤングスカイウォーカーと呼ぶ、ルークに修行を付けた当時のヨーダ

あの湿地の惑星ダゴバに隠居してたヨーダ
ルークの肩に飛び乗ったり
Xウィングをフォースで持ち上げたり

あの愛嬌のある仙人ヨーダ

それから
コンプレッサーのエアで制御されるヨーダに変わり、徐々に完全なCGに

確かにヨーダがセーバーで戦う姿には感動した
しかし動きは見事だったけど
全然愛着がなかった

今回は見事にパペットのヨーダ
人間の操るパペットの
温もりのある表情のヨーダ


泣けた

スっとルークの脇に出て来た瞬間に
ドワーって泣けた

あーーー懐かしいヨーダの姿や
コレがオッさん達のヨーダやーって 泣



見所は残念ながらコレだけ

ダメな部分を上げたらキリがない



まずスノークのゲキ弱具合

前作からの登場でシスの親玉の設定
e0166040_15261641.jpg
ファーストオーダーを率いる謎のボスキャラ

謎が多い事から色々なウワサが飛び交った

ダースシディアスが実は死んで無くて説

シディアスの師匠プレイガス説

メイス・ウィンドウ死んで無くて説

いろいろあった

ファンとしては色々な設定や伏線を想像し楽しみに膨らましていた


なんと余りにもあっさり…

アホかぃと(-_-;)


レイもまた矛盾だらけ

ルークには出会うが

修行をつけてもらうシーンなんて全くないし

"感じる"事を教わるシーンがあるだけ

ルーク所有のジェダイの古文書を読んだからか


前作からの延長でゲキ強い
e0166040_15393525.jpg

前作からすでにオカシかった

初めてライトセーバー握って

ジェダイの正規の修行受けたカイロ・レンをヤリこめてしまうと言うバカげた設定


じゃ修行の意味って何よ?
ホリエモンじゃねーんだよ! 泣

ルーカスがこだわったSWの素晴らしい師弟関係は何処いったん?
マスターとパダワンの素晴らしい信頼関係は何やったん?


そもそも過去の作品の設定では修行が出来る(許される)年齢ではないけど


全く修行ナシで無双状態なのはイカガなもの?


全くの設定無視。。。シリーズ崩壊

今回もまたゲキ強
e0166040_15403135.jpg

もうフォース使いまくり
もはやマスターの風格

そんな強いならレイのミディクロリアン値を公開してくれよ
過去のジェダイと比べたりしてさ
強いだけの根拠を示すべきやね

前作でダラダラとキャラ作りに前半の時間を割いた割には全然説明がなってない

根拠がねーよ

しかも今回はレイアまでフォース使っとるし!
ありえねぇ生還の仕方をします

フォースでそんな事が出来るなら
メイス・ウィンドウも死んでねーし❗️

矛盾だらけ 笑笑



画面の中に金髪ブロンドが1人もいないのもメッチゃ違和感
旧作キャラクターはみんな明るい髪色やのに揃いも揃ってみんなダークトーン

アフロ系、アジア系俳優の起用が増えた

どの映画も特に大事なキャラはほとんど中国人


ハリウッドに広がる白人至上主義とチャイナマネーへの配慮


つまんねー


来年の春にはヤングハン・ソロのスピンオフが公開だとか

再来年にはエピソード9?
ボバ・フェット スピンオフ?
オビ・ワン スピンオフ?


もうディズニーになってから毎年続々とスターウォーズ関係作の公開


商業主義にはもうウンザリ

時間かかってもいいから
もっと練り込んだ脚本で
素晴らしいモノ作っておくれよ…


全くただのディズニー製の宇宙のドンパチ映画

頼むから
オッさん達にSWを返してくれ(-_-;



んなマタ
May the force be with you







[PR]
by mochi-moon | 2017-12-15 14:35 | 映画

BLADE RUNNER2049

ついにこの日が…
先行上映を観た著名人のコメント見るたびにイライライライラ

もう当然朝イチ上映ですよ!
キャナルのユナイテッドシネマはメンバーなら金曜日は1000円で鑑賞出来ます
e0166040_16301804.jpg



とりあえずノーマルの字幕で観て
吹替版で映像に集中して
IMAXで締める3段チャレンジで行こうかとww

なんせもう35年前の作品なんで
初日に来ているコアなファンともなるとご年配が多く、座席に座り見下ろすと頭髪の薄い先輩が多いのが何か微笑ましかったり…
ちょっとオタク風の方も多かったり
流石は80年代を代表するSFカルトムービーだなぁと改めて思います
SWよりもおっさん率高め 笑

しかし、そんなSFカルトムービーの金字塔の続編をよくドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が受けたなと

いくら製作にリドリー・スコットがいるとはいえ相当なプレッシャーがあったやろなーと感心する

当然監督本人もBLの大ファンで
人間性とは何か?のストーリーテーマ、世界観、演出など全てにおいて前作のまんま継承された優等生な仕上がり

この方、前作の『メッセージ』もSFにしては凄く綺麗な作品だったが
今回もホント惚れボレするほど綺麗な映像
ラストの曇天と雪とゴズリングのショットなんてため息と涙が一年分出ます



眼球のどアップから始まり
荒廃し尽くしたロスの街並み
捜査官K(ライアン・ゴズリング)が
e0166040_16450379.jpg

かるーく1人のレプリカントの解任するくだりは忠実そのもの
ライアン・ゴズリングはラ・ラ・ランドが苦手で今イチ大丈夫かと心配してたが、しっかりThe Place Beyond the Pines
e0166040_16500579.jpg
の天才ライダーのキレキレアクションが戻ってて安心
製作スタッフ一同満場一致で決まった配役やからか、もう相当に捜査官してます

いや、ホントにハマり役

その捜査官Kの恋人っつーかAIなんやけども…とりあえずパートナーがキューバ人女優のアナ・デ・アルマス
e0166040_16554449.jpg
彼女の事は知りませんでしたが
めっちゃクチャカワイいです
荒廃した地球のオアシス的位置付けでしょか
こんなパートナーならAIでもいいかなとww

そんなAIやレプリカントの製造をしていた前作のタイレル社

レプリカント禁止法のあおりを受け倒産した同社の債権を買い取って事業継承しているのが天才科学者ウォレスの経営するウォレス社

ウォレスはレプリカント同士で"繁殖"をするという神の領域に踏み込もうとしております

彼のレプリカントはタイレル社のネクサス6号のように寿命は与えられず
自らの意思を持つが、人間には従順である遺伝子を組み込まれている

天才科学者の奇人変人な難しい役は
稀代のカメレオン俳優
ジャレッド・レト
e0166040_17080665.jpg
ホント色んな役をピシャリこなします。この人w
強烈な役では助演男優賞のオスカーもゲットしたDallas Buyers Club でのHIVで死期の近いニューハーフ
Suicide Squad ではご存知ジョーカー

コロコロと変身しても独特の存在感は流石です

しかし、このウォレス役は当初
かのデビッド・ボウイにオファーが決まっていたのだとか
ボウイの急死で実現はしなかったが是非見たかった

ウォレス社をレプリカントながら実質管理運営する最新型ネクサス9号のラヴ(シルビア・フークス)
e0166040_17225220.jpg
この人も知りませんでした 泣

オランダ人女優さんらしいのだが
レプリカントの強さと冷酷さが前作の比じゃない。もうターミネーターのT2000並みww

前作レプリカントのラスボスのロイも同じオランダ人俳優のルドガー・ハウアーでしたね

なんかこの辺も繋がりあるのかな

女性のキレキレアクションはいいですね。大好物で御座います

MIシリーズのレベッカ・ファーガソンやアトミックブロンドのシャーリーズ・セロンなどはそれだけで丼ご飯おかわりする自信がありますww

このラヴが捜査官Kと共通の秘密を握る人物を捜す必要があるのですが
それが伝説のブレードランナー
捜査官リック・デッカート
e0166040_17334108.jpg
30年も秘密を隠したまま逃げ隠れてた設定
扱いがメタルギアのオールドスネークのようでした 笑
ハリソンフォードもオン年75歳…
にしてはキレたアクションこなしてます

このデッカートが使うブラスター
ま、拳銃なんですが
なんと日本のマニアが前作のブラスターを元に忠実に再現して10年前から発売しているものなんだとか
ハリウッドから問屋さんにオーダーがあったらしいですww

日本のマニア凄い‼️
好きこそモノの上手なれ…
感動するお話です

デッカートのひた隠しにしてきた秘密ってのがちょっとネタバレなんですが
"出生"に関するコトなんです

この辺はちょっとSWと似た感じになるんですが要するに二世の問題です

科学者ウォレスはレプリカントに繁殖させる為にその秘密が欲しい
過去にレプリカントとして"繁殖"に成功した例があるって事ですな

それをデッカートが知ってるとなると
もうお察しの通り前作で一緒に逃げたレイチェルがキーポイントになるワケです
e0166040_17594058.jpg
そのままの姿で今回も登場します

彼女はホントに美しかった
あまりいい作品には恵まれなかったけどいい女優さんだと思います

全体的に前作の継承から入り
続編ならではのオリジナリティをキッチリ出す
監督のヴィルヌーヴさんは
リドリースコットからの宿題に対して
キッチリ予習、復習して望んだんだろうなぁと
SF映画の金字塔に対する尊敬の念がヒシヒシと伝わってきます。
この辺がJJエイブラムスに微塵でもあればなーと観ながら思い出しました
スタートレックを返せ‼️ 泣


しかしホント前作からの荒廃して薄暗い雨や夜のシーン
日本か香港かわからん街並み
継承しつつ30年後にしっかりシフトさせてるところが凄い
e0166040_18113877.jpg

e0166040_18114492.jpg
前作では薄暗いシーンの連続から
ラストで弾けるほど明るい大草原のシーン。映画『シャイニング』のフィルムの使い回しの例の空撮ですね

今回は薄暗いシーンからの
バーーンと雪です
真っ白い雪とコンクリートのコントラストが美しすぎる…

僕は未だかつて結構な数の映画を観てきましたが

こんなに美しく、切なく、儚いラストシーンを観た記憶がありません

1000年後に観てもきっと美しい
と誰か著名人がコメントしてたが確かにそんとーりです

今作は2時間45分の長丁場ですが
カットしようと思ったら切れるカットは多いと思います
ソレをあえて音無しで長く撮影する演出でラストシーンの無音の長回しに耐える事が出来るんですよ
ヴィルヌーヴさん
凄い…
コレ多分、リドリースコットが撮ってたらこんな美しいエンディングにはなってないと思う
賛否両論あるけど
俺はヴィルヌーヴさんで正解と思うなぁ


人類創生
哲学的な壮大なテーマについて
もっと言いたいコト山積みなんやけど

コレ以上はネタバレが過ぎるとクレームくるとイヤなんでやめときますw

前作からのファンも
そうでない方も是非観て欲しい今年1番の大作‼️

でも、必ず前作を観てからの鑑賞をオススメします。
レイチェルのくだりは観てないと何がナンヤラわからんと思いますよってに…

あと、劇場での鑑賞なら平日とか人の少ない時間帯でないと泣く目に会う可能性が高いです

無音のシーンが多く
その情緒が作品に与える影響が少なくありません。
ホントに無音で透き通るような映像美です
周りでポップコーンやお菓子をバリバリ食われたりビニール袋をシャリシャリやられると恐らく気が狂いそうになると思われます 笑

おしゃべりの多いカップルの近くも地獄が待ち受けると想像します

ご注意あれ

ホントに何十年に一本の大作
多くの人に観て欲しかです

んなマタ
May the force be with you




[PR]
by mochi-moon | 2017-10-27 16:26 | 映画

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHEL

実写化されると聞いて近年でこんだけブルーになった作品も少ない

だってハリウッド実写化で良かったタメシないやん(≧∇≦)

シアターには行かず
DVDでよかろーーと脱力感全開でやっと観た

e0166040_10394764.jpg




主役の少佐こと草薙素子役
スカーレット・ヨハンソン

えーえー確かにスカヨハは大好きです

でも、素子はなかろーと思っていたが




やっぱりナシだった…
e0166040_10400636.jpg
ストーリー類似性や名シーンのオマージュは神山攻殻が多いのに
なぜか素子だけARISE仕様…
e0166040_11135579.jpg


モモヒキ色のボディスーツはいくらスタイルのいいスカヨハでも着こなしは不可能
神山攻殻のいつものハイレグならまだ良かったと思うが、あのスーツはズングリ見えてどうもキレがなさそうに見える

公安9課のトップ荒巻には
北野武
e0166040_10464361.jpg
まぁ荒巻の特異な風貌に合わせるのは無理があるとしてもだ
e0166040_10493606.jpg

タケシ師匠はイタダけないねぇ

この役に限らず

もう役者は無理がある

滑舌悪過ぎて全くセリフになってない

役者稼業はご自身の内容のうっすーーーいヤクザ映画だけにして下さい(≧∇≦)

ストーリーは
GHOST IN THE SHELと笑い男とS.A.C. 2nd GIGを混ぜたり足したり引いたりしたモノ

傀儡まわしがパーカー姿の笑い男風のクゼだったり
多脚戦車で素子を潰そうとするのが
陸自ではなくセラノ社長の代わりの義体会社の社長だったり

でも、S.A.C. の外務大臣拘束事件は芸者ロボットまでから素子の突入シーンまでちゃんと再現してたり。

完全なオリジナルストーリーでもなく
なーーんか中途半端

それは日本のモンスターアニメに対するリスペクトと受け取るべきか

攻殻好きならニヤリとするシーンも多いのでかるーく娯楽として観るなら問題ない範囲かもねー

個人的にはタチコマ1機くらい出してくれても良かったのになーと悲しむw

今ハリウッドでは『AKIRA』が製作入るかーくらい(2017/9時点)だと思うが

攻殻と並んで日本を代表するSFアニメの金字塔作品

神様
どーか大友作品をお守り下さいm(__)m



んなマタ
May the force be with you








[PR]
by mochi-moon | 2017-09-28 10:30 | 映画

鑑定士と顔のない依頼人

監督・脚本 ジョゼッペ・トルナーレ
e0166040_15240044.jpg

「ニューシネマパラダイス」「海の上のピアニスト」や「みんな元気」などの脚本家さんがメガホンを取った作品

主演は「英国王のスピーチ」でもノミネートされたアカデミー常連俳優のジェフリー・ラッシュ
e0166040_15240114.jpg


オークションディーラーのオールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、絵画などの鑑定士としても著名で仕事の依頼も多い

独身で女性には全く免疫がなく、孤独に壁4面を覆い尽くす大量の少女の肖像画コレクションに癒されながら生活していた

ある日、両親を亡くし遺産整理の為の古物鑑定の依頼が入る

一人娘で天涯孤独の身となったクレアからの依頼だ
クレアは「広場恐怖症」という精神疾患を患っており、人に会う事も、自身の隠し部屋からも出る事が出来ない
電話で交渉したり、会うといっても壁をへだてたやりとりばかりだ

依頼人が顔を出さないという異例の依頼に戸惑うオールドマンだったが、地下室で見つけた機械人形のパーツに巨万の富を予感し、依頼を受ける

最初は、精神疾患を理解出来ずに衝突を繰り返す二人

しかし、次第に謎多きクレアにオールドマンは惹かれていく
仲間の機械職人ロバートに恋愛の手ほどきを受けながら、徐々に信頼関係を築いていく

オークションで少女の肖像画をいつも組んで格安で落札するのは、旧友で売れない画家のビリー(ドナルド・サザーランド)
彼はオールドマンに画家の才能は無いと一蹴され、詐欺まがいの落札者に甘んじていた

クレアとの恋愛に深くはまっていくオールドマン。
恋愛の経験も乏しく、初めての女性との生活に満足げだ
クレアも彼の献身的なケアにより、広場恐怖症を克服しつつあった

ロバートの後押しもあり、ついにクレアにプロポーズし、ディーラーの仕事をリタイアしクレアとの生活を決意したオールドマン
オールドマンは最後の仕事ためにロンドンへと旅立つ
最後の仕事を見届けようとオークション関係者が集う
大役を勤め上げたオールドマンは、仲間やビリーに祝福される
「最後のお祝いにお前に認めてもらえなかった絵画を送ったよ」とビリー

クレアの待つ家に急ぎ戻ったオールドマン
しかし、ソコにクレアの姿は無く
大量の少女肖像画コレクションも無くなっていた…(´Д` )
一枚だけ残されたのは、クレアの屋敷にあったクレアの母の少女期の肖像画だけだった。。。


ネタバレはしたく無いので、この辺までにしときますが、ココからのジェットコースター的謎解きが凄い

全てを知り、一気に奈落の底に叩き落とされるオールドマンが不憫でなりません( ;´Д`)

いやいやそれにしても、流石はオスカー俳優ジェフリー・ラッシュ
喜びに満ち溢れた生き生きした幸せ絶頂の時と、奈落の底の演技のギャップが凄い
同じ俳優?と見紛うばかりの演技
素晴らしいです

やっぱりこの作品は脚本の秀逸さと
イタリア映画ならではの画角の美しさ
少し陰のあるトーンの中に、クレアの素の美しさが一際映えます
e0166040_15240132.jpg


決してハッピーエンドの後味スッキリ系ではないですが、非常に良く出来た面白い一本です
まだの方は是非003.gif

んなマタ
May the force be with you004.gif

[PR]
by mochi-moon | 2016-07-08 14:24 | 映画

Broken City

監督 アレン・ヒューズ
脚本 ブライアン・タッカー
出演 ラッセル・クロウ、マーク・ウォールバーグ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
e0166040_11083103.jpg

現大統領のホステラー(ラッセル・クロウ)は再選を目指し選挙戦を戦っていた
私立探偵のビリーは元警察官で、ホステラーとはある事件でお互い秘密を握り合う腐れ縁の中だった
妻のファーストレディ、キャサリン(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)の行動を不審に思ったホステラーはビリーにキャサリンの浮気調査を依頼する

順調に調査を終え、密会の相手は大統領戦対立候補の選挙参謀のアンドリュースだと突き止める

ビリーが周りを嗅ぎまわっている事を知ったキャサリンは、誤解である事からホステラーには報告せぬようビリーに相談する

しかし、調査を早く終わらせギャラを手にしたかったビリーはホステラーに報告を上げる

翌日、アンドリュースの死体が見つかり、ホステラーの陰謀は単なる浮気調査だけではなかった事をビリーは知る

ホステラーの本当の目的は何か
ビリーとホステラーの闘いが始まる…
e0166040_11083133.jpg


やっぱキャサリン・ゼタ・ジョーンズは美しかです(´Д` )
e0166040_11083274.jpg

ボブが基本形のヘアースタイルの彼女は無敵でございます。。。オーシャンズ12とかね( ;´Д`)
e0166040_11083264.jpg

e0166040_11083216.jpg
無敵とは・・・敵がおらんっちゅーコトです 泣

キャサリン・ゼタ・ジョーンズを観ようと思っての鑑賞だったが
思わぬ伏兵が!超嬉しい誤算♪(´ε` )
ビリーの探偵事務所の秘書役ケイティ
誰かいなコノ美人は!と思ってググッてびっくり
なんとアロナ・タルではないか‼️‼️
e0166040_11083258.jpg

アメリカのドラマ「SUPERNATURAL」とか「ヴェロニカ・マーズ」とかのオネーチャン
映画出演が少なく、もったいねーと思ってた
e0166040_11083243.jpg

旦那さんもいて32歳なんだとか…(・_・;
なんでガックリかわからんけどちょっと寂しくなった( ;´Д`)

イスラエルのユダヤ人のよう
「BLACKBOOK」とかユダヤ系の迫害が問題視される作品には出てもよさそうやが
どんどん出て欲しい女優さんです

内容は無難に良く出来てます
ラッセル・クロウとマーク・ウォールバーグは安定の演技力だね

でも、本作は美人にしか目がイカン

トホホ
んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2016-04-25 10:27 | 映画

A Time to Kill

監督 ジョエル・シューマッカー
脚本 アキヴァ・ゴールズマン
主演 マシュー・マコノヒー、サンドラ・ブロック
e0166040_16153097.jpg

監督は80年代青春映画全盛期のヒット作
「セントエルモスファイアー」や「フラットライナーズ」などの方
脚本は「ビューティフルマインド」や「ダヴィンチコード」など
原作は法廷モノの第一人者ジョン・グリシャム「法律事務所」「ペリカン文書」「依頼人」などヒット作ばかり
本作は彼の処女作で、出版化には多くの出版社に断られたとか。
当時の情勢を考えると、黒人社会とKKKを扱った題材はヘビー過ぎたのかもね
後にヒット作を連発するようになってから、やっと出版化されたらしいっす。。。


物語の舞台は南部ミシシッピー州の架空の街。人種差別論者がまだまだ幅を利かせていた時代。流石にKKKなどの過激な差別論者は大人しくなっていたものの、まだまだ根強く残ってる地域

白人の差別主義者のジャンキー、ビリーとウィラードはこの日も昼間から酔っ払い好き放題暴れていた。
ビールを買った黒人店主の店では悪態をつきヤリ放題
その店に買い物に来ていた黒人少女も毒牙にかかり、暴行し強姦されてしまう
e0166040_16153045.jpg

直ぐに検挙され、投獄されるが、父親のカール(サミュエル・L・ジャクソン)は、白人が重罪に問われる事はなく、直ぐに無罪放免になる為、自らの手で正義の鉄槌を下す決意を弁護士の ブリガンス(マシュー・マコノヒー)に告げる
親友でもあったブリガンスはカールが本当に犯行を行うはずがないと保安官には告げ無かった。
しかし、カールは夜中の裁判所に忍び身を潜める。翌日は公判初日。
法廷に姿を現したビリーとウィラードを襲撃し、あっさりと射殺してしまう。

人種差別主義の残る地域での黒人による白人射殺事件
全く勝ち目のない争いになることは明らかだ
担当検事は次期州知事の座を狙うルーファス(ケビン・スペイシー)
e0166040_16153168.jpg


負けるはずが無く、簡単に終わる裁判を自らの選挙の好材料に利用しようと息巻く

親友の離婚専門弁護士は勝ち目のない裁判は止めて、もっと金になる裁判をとブリガンスに助言する
実際ブリガンスの事務所の経済状態は火の車だった
しかし、ブリガンスは師匠であるウィルバンクスの教え通り、法に生きる者の使命として、親友カールの弁護を引き受ける

死刑反対論者の法学生のエレン(サンドラ・ブロック)は、死刑判決になりそうな本件に興味を持ち自身のキャリアアップの目的でブリガンスに協力を名乗り出る
e0166040_16153106.jpg

エレンの父親もまた弁護士で、アメリカでは有名人だった事、エレンが有能だった事などから協力を快諾するブリガンス

しかし、白人遺族でビリーの弟コブ(キーファー・サザーランド)は、絶滅したと思われたKKKに参加して活動を過激化していく

ブリガンスの事務所秘書の自宅を襲撃したり、ブリガンスの家に火を放ったり
最終弁論前日にエレンまでも誘拐する

事件をきっかけに団結し立ち上った黒人
復活してきた過激なKKK
街を二分したような騒ぎが連日裁判所前で起こる

判決次第では全米各地でデモの可能性もあるとして、黒人人権協会も乗り出して来て裁判は大きな話題となる

検事のルーファスは注目の裁判で負ける訳にはいかず、あらゆる手を使って、判事、裁判官、陪審員は全て白人を揃える

裁判が進むにつれ、当たり前に形勢はルーファス陣営有利に運ぶ

残された最終弁論

周りの多くの犠牲を払いながらも、正義の弁護士ブリガンスの魂の最終弁論が始まる


もう、お気づきでしょうが
出てくる名前が全てオスカー俳優ばっかです( ;´Д`)
96年の作品ですから、まだまだみんな若いですが、やはり流石の演技力
中でもケビン・スペイシーは前年の「ユージュアルサスペクツ」で助演男優賞をゲットした直後なんで気合いがハンパない
もう惚れ惚れするくらい憎たらしい検事役
e0166040_16153110.jpg

ハマりまくってます♪(´ε` )

サミュエル・L・ジャクソンも「パルプ・フィクション」で、サンドラ・ブロックも「スピード」で両者共に注目され始めた頃だから目力が凄いのなんの
みんなバチバチですわ♪(´ε` )

もちろんマシュー・マコノヒーも本作で注目されました。

面白いところでは、KKKに入信し過激な殺人者と変貌する弟コブと
ブリガンスの師匠で事務所の前代表ウィルバンクスが実の親子
ジャック・バウワーになる随分前のキーファーと、「ハンガーゲーム」の憎っくき独裁大統領スノーで有名なドナルドのサザーランド親子です(^O^)

原作良し
監督良し
脚本良し
俳優良し

で、つまんねー訳がない
間違いなく名作です

まだの方は是非

んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2016-04-10 15:02 | 映画

Get Smart

監督 ピーター・シーガル
主演 スティーブ・カレル、アン・ハサウェイ、ドウェイン・ジョンソン
e0166040_15013103.jpg

1965年から放送されたテレビシリーズのリメイクで、原作はハリウッドのコメディ映画の巨匠メル・ブルックス
本作でもキャラクター設定などで関わってるらしい

主演のスティーブ・カレルも米では有名なコメディアン
テレビではカナリ稼ぎまくりらしいが、映画はあまり見掛けませんね。本作では製作総指揮も兼ねているらしいです

かといって、単なるスパイコメディでは無く、しっかりとCG少なめのアクションムービー
アン・ハサウェイもカナリ頑張ってまする

ストーリーは単純明解
悪の攻撃からロスを守れ!的なヤツ( ;´Д`)

冷戦時代にロシアの犯罪組織カオスと戦っていた米国諜報機関”コントロール”
マックスウェル・スマート(スティーブ・カレル)
e0166040_15013163.jpg
は有能な分析官として任務を遂行するも、いつか花形の現場のエージェントになるべく努力をしていた
やっとのことで試験にはパスするも、分析官としての能力の高さから現場は見送られ、分析官としての任務を伝えられる

そんな中、コントロール本部がカオスの襲撃を受け、現場エージェントのデータが盗まれ、エージェント達は次々に暗殺されてしまう。

カオスが核爆弾を仕掛け、米国大統領を暗殺しようとする動きを掴んだコントロール本部。急遽エージェントに”昇格”したマックスウェルは、整形したばかりで顔のワレてないエージェント99(アン・ハサウェイ)と共にロシアのカオス施設に潜入する任務を受ける…



まだ、キャット・ウーマンになる前のアンさんですが、アクションはバリバリ
「プラダを着た悪魔」や「マイ・インターン」など、キュートでセクシーな役は今や彼女のフィールドですな
本作ではそれにアクションまで加わり、無敵のアン様無双状態
e0166040_15013151.jpg

e0166040_15013124.jpg

e0166040_15104062.jpg



彼女のファンなら垂涎の作品でしょうww

ファンでなくても惚れてまうやろ!って感じのいい女っぷり
しかも、整形後って設定がまた面白い♪(´ε` )


まだまだブレーク前のドウェイン・ジョンソンも出てますよ
e0166040_15013254.jpg


カメオではこんな顔もww
e0166040_15013228.jpg

エージェント13
データ流出で命の危険から、木の中に潜み、故障中の基地の扉を手動で開閉する人
ビル・マーレイ(^O^)
コレは笑いましたwww彼はカメオが好きなんでしょうねぇ
「グランド・ブダペストホテル」も驚きましたが、今回も一瞬で笑いに変えたww


ヒーローズでただ1人の日本人マシ・オカも
e0166040_15013213.jpg

戦闘能力ゼロのオタク研究員です

今となってはアン様もジョンソン様も売れっ子になってしまったんでギャラ高騰で続編の製作は無いだろうね( ;´Д`)

ちょっと観てみたい気もする

やっぱりメル・ブルックスは天才だ
89歳でまだご存命だし、続編ないかなー


細かいことは抜きで純粋にポップコーン片手に楽しみたい一本

クラシカルなコメディを現代風のスピードアクションで味付けした名作

まだの方は是非
んなマタ
May the force be with you003.gif

[PR]
by mochi-moon | 2016-04-05 14:20 | 映画

さすらいの豚骨オヤジの独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30